ホーム > 転職成功マニュアル > 逆質問テクニック

面接において、主に終盤に「何か質問はありますか?」と自分が話す時間を貰える事がほとんどですが、これに対して「特にありません」「大丈夫です」などと答えてしまうと「ウチに興味ないのかな?」と思わせてしまう事もあります。良い印象を残せるような質問をすることでアピールにもなりますので、事前に質問したい内容を考えておきましょう!

3種類の逆質問テクニック
1.意欲をアピールする質問
仕事内容や職場について具体的な質問をすることは、その職場に対する意欲的なアピールにつながります。ただ、全て意欲系の質問だと「後で教えますから…」と言われかねませんので、1つか2つくらいにしておきましょう。定番のフレーズとしては「入職までに勉強しておくことがあれば教えて頂きたい」といった内容でしょうか。また、他に特別に気になる事があれば聞いてみましょう。
2.人間性をアピールする質問
意味のある質問に、さりげなく自分の長所アピールを織り交ぜるという戦法です。例えば「協調性」をアピールする場合は「誰とでも親しくなれると思いますが、職場の雰囲気はどのような感じでしょうか?」といった聞き方が有効です。「勤勉さ」をアピールする場合は「教育・研修制度に興味があるのですが、皆さんのご利用状況はいかがですか?」などが好印象でしょう。
3.資質をアピールする質問
求められているキャリアやスキルについて具体的に質問をした上で、やり取りの中にさりげなく自分の強みを伝えるという高度なテクニックです。一歩間違えると自慢みたいになってしまうので、このトークと相性が良さそうな時以外は使わない方が良いでしょう。聞き方としては「○○の経験を活かしたいと考えているのですが、お役に立てそうな場面はありますか?」の様な感じになりますが、これは自分の職種にもよるところでケースバイケースです。あまり外れた質問にならないように気を付けましょう。
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別