ホーム > 転職成功マニュアル > 面接時の服装やマナー

面接時の服装やマナー
1.身だしなみについて
人間の第一印象の55%は外見(視覚情報)で決まるという説がありますが、面接の際にはそれ相応の身なりで臨むのが社会人のマナーというものです。身だしなみについては下記の点を気にかけてみましょう。
チェックしてみましょう!








2.面接中のマナー
表情や立ち振る舞いでマイナス評価を受けるのは勿体ない事ですよね。新卒の就活で勉強した事をもう一度思い出して、スマートな社会人として臨みましょう!
A.目線と姿勢
基本中の基本ですが、相手が話している時や自分が話している時は相手の目を見てコミュニケーションを取っていきましょう。目は口ほどに物を言います。次に姿勢ですが、まず背もたれに寄りかかるのはダメです。あと男性は指鳴らしや貧乏ゆすり、女性は髪いじりや組み足など、癖があるとしたら面接時に無意識にやらないように注意しましょう!
B.声のスピードとボリューム
事前に話す内容がまとまっている場合、ついつい早口になってしまう人は実は多いものです。相手のリアクションを確認しながら、ゆっくりと話す事を心がけましょう。また、小声で話す事は面接で評価を落とす大きなNG要素の1つです。普段からおとなしい人は、声の張りを意識してハキハキと話す事を心がけましょう。
C.言葉遣い
尊敬語と謙譲語の誤用は、場合によっては面接の評価を大きく落とします。特に相手の行為に謙譲語を使う事は非常に失礼にあたります。特に話が盛り上がった時などにポロっと失礼な事を言わないように気を付けましょう。また言葉遣いに問題がなくても、発言する前に「これは失礼にあたらないかな?」と一呼吸置いてみましょう。
D.その他の常識
まず面接前は携帯電話の電源を切っておきましょう。マナーモードでも音は聞こえますし、あなたの集中力も途切れてしまうからです。また、面接中にお茶を出された場合は「いただきます」と一言添えてから飲みましょう。あと面接終了後に近隣でタバコをふかしたりするのはお勧めできません。念には念を、当日のリラックスはお家に帰ってからしましょう。
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別