ホーム > 転職成功マニュアル > 退職に伴う返却・受領品

退職に伴う返却・受領品
在職中は自分のもののように扱っていたものでも、もとは職場の所有物であれば退職時にきちんと返却する必要があります。 逆に会社から受け取るべきものもありますので、下記を参考にしてスムーズな退職をしましょう。
会社に返却するもの
健康保険被保険者証
今まで加入していた健康保険は退職と同時に脱退となりますので、無効となる保険証を返却する必要があります。
名刺やIDカード
職場に所属している人が持つべきものは退職時に返却しましょう。
通勤定期券
通勤の為に利用すべきものですので、原則として退職日に返却します。
制服
通勤の為に利用すべきものですので、原則として退職日に返却します。
参考書や備品
通勤の為に利用すべきものですので、原則として退職日に返却します。
業務用の関係書類
例えば新人の教育マニュアルなど、あなたが制作したものであっても原則として職場の資産となります。
会社から受け取るもの
離職票
普通は退職後10日以内に交付されます。失業給付の受給手続きの際に必ず必要となりますので、もし転職先のめどが立っていても何かあった時の為に貰っておきましょう。10日を過ぎても交付されない場合は経理の人に問い合わせてみるか、ハローワーク経由でお願いする事も可能です。
雇用保険被保険者証
雇用保険の加入者であることを証明する書類です。雇用保険の受給手続きに利用しますし、転職先が決まったら提出することになりますので、必ず受け取るようにしましょう。
源泉徴収票
これは年末調整をする際に必要になります。年内に新しい職場に入職する場合は転職先に提出します。もし年をまたいでしまったばあいは自分で確定申告を行う必要がありますが、その際にも必ず必要になりますので、忘れずに受け取っておきましょう。
年金手帳
もし職場で保管されている場合は、転職先でも同じ手帳を使用しますので必ず受け取りましょう。ちなみに失業中に国民年金に切り替える場合もこれが必要になります。
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別