ホーム > 転職成功マニュアル > 退職の流れ

退職をするにあたっては、事前にきっちりと計画を立てて円滑に進めましょう。自分の都合だけではなく、職場に迷惑をかけずに辞めることが円満退職の秘訣です。転職活動最後のステップとしてクリアして、新しい職場で気持ち良く仕事を始める準備をしましょう。今回は円満退職のためのスケジュールをポイント毎に紹介していきます。

退職の流れ
1.退職の意思表示
退職希望日の約2ヶ月前に、最初に直属の上司に退職意思を伝え、退職日の相談をしましょう。先に仲の良い同僚に伝えてしまう方もいますが、退職を伝える前に上司が噂で耳にしてしまったら、気まずくなりますので円満退職とは呼べません。また、退職理由を聞かれた時には真実が何であれ、職場への不平不満を答えるのはNGです。通常退職は「個人的な事情」としておくのが良いでしょう。また、職場の繁忙期に退職をするのは、残された人たちに負担をかけてしまうことになりますので、可能であればタイミングをずらすなりしましょう。
 
関連ページ:退職の伝え方
2.退職日の相談
退職の意思を伝えたら、次は具体的に何日をもって退職するかを詰めていく必要があります。これは一方的に「何日に辞めます」というのではなく、上司と話し合ってお互いが納得できるスケジュールで退職できるように努めましょう。また、今自分が抱えている業務にある程度の引き継ぎが必要な場合は、後任者との兼ね合いもあると思いますので、予め段取りを決めてスムーズに退職できるよう心がけるのが大切です。
3.退職願の提出
職場の就業規則には大体、退職時の手続きとして退職願の提出があります。退職願はあくまでも形式的な書類ですので、退職理由を詳しく記入する必要はありません。もし職場に指定フォーマットがあればそれを使い、なければ自分で用意しましょう。なお、退職届は必ず直属の上司に提出しましょう。
 
関連ページ:退職願の書き方
4.退職に伴う手続きなど
退職日当日までに年金手帳や雇用保険被保険者証を受け取ったり、住民税の支払い方法について確認したりと、色々と手続きが必要です。
 
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別