ホーム > 転職成功マニュアル > 退職の伝え方

退職の伝え方
退職意思を伝える方法ですが、いきなり職場に退職願を出してしまう人もいますがこれは社会人として実はNGなのです。退職の意思表示は退職予定日の1ヶ月半〜2ヶ月前までに直属の上司にまずは口頭で切りだすのがマナーです。円満退職の道につながりやすい手順を下記で紹介しますので、是非とも実践してみて下さい。
1.話の切り出し方
最初に退職意思を伝える相手は直属の上司です。もしもっと上の役職の方などに最初に話してしまうと、万が一直属の上司の管理能力が問われかねず気まずくなってしまう事もあります。逆に同僚に先に話してしまうのもNGです。自分がちゃんと話す前に噂話として上司の耳に入るのは、これも気まずくなってしまう原因になりかねません。まずは「お話したい事があるのですが」とか「相談があるのですが」という形でゆっくり話を聞いてもらえるようなセッティングをして、改めて退職意思を伝えるのがベストです。誠意を持って話せばトラブルになるような事はおおよそ無いでしょう。あなたの退職意思を受けとめた上司が、後はあなたの退職について話すべき人に打診して退職までのスケジュールを組んでくれる事でしょう。
2.退職願を出すタイミング
退職願を出すタイミングは、退職意思を伝えて職場と自分の双方が納得できる退職日が決定した後になります。退職の1ヶ月前くらいに提出するのが目安です。もし「退職意思を伝える」というステップを飛ばして一方的に退職願を提出したとしても、直属の上司がもっと上の役職の人に相談する前に退職願を受け取ってしまうと、退職申請を受理した事になってしまう為、普通はその場では受け取ってもらえません。
3.退職理由を詳しく聞かれたら
ここが円満退職のカギでもあるのですが、退職理由というのはストレートに話すと大方マイナスな表現になってしまう事が多いものです。仮に職場に不満があったとしてそれを話してしまうのは、いくら辞めるからと言ってもNGです。何故なら心象を悪くするだけではなく「どうにか改善する」「昇給を考える」などして引き留めのキッカケ作りを自分からしてしまう可能性すらあります。もちろん退職の理由は人それぞれなので「○○と言いましょう」みたいなマニュアルはありませんが、もし他の人が辞めた時「どういう風に話してもらえば快く送り出してあげようという気持ちになるか」を考えて話すようにしましょう。
4.引き留めにあった場合
退職の意思を伝えた後に、職場から引き留めにあうケースも結構あります。理由は人員不足だったりあなたのスキルが高く必要と思われていたりと色々ありますが、退職の自由は法律で定められた権利ですので、ここで変に委縮するのは避けたいところです。引き留められた時はまず、今までお世話になった事について感謝を述べた後に「それでも退職の意思は変わりません」という旨を、誠意を持って伝えましょう。冒頭で「退職意思を伝える場合は、まず直属の上司に」という説明をしていますが、直属の上司に退職を受け入れてもらえない場合に限り、その上の上司や然るべき役職の方に相談する事はOKです。引き留められて迷ってしまう事もあると思いますが、仮に残留したとしてあなたは一度退職を口にした「退職予備軍」として見られてしまう事は必至です。「迷うのは辞める前だけ、退職意思を伝えた後はブレない」というスタイルをオススメします。
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別