ホーム > 転職成功マニュアル > 転職にかかる期間

転職活動を成功させるには、まずスケジュールの予定を立てておくことが重要です。 転職活動の流れで説明しているように転職活動中はやらなくてはいけない事が沢山ありますので、少なくとも3〜4ヶ月くらいの期間を見越して余裕を持った転職計画を立てていきましょう。 応募時期と退職時期を軸に考えて、自分にとっての適切なタイミングを考えてみて下さい。

転職スケジュールを組むにあたって
時期による求人の増減
採用時期が毎年決まっている新卒とは違い、中途の場合は年間を通して採用が行われています。しかし若干ではありますが、中途採用においては求人数に季節的な変動があります。特に1〜3月と7〜9月はボーナスを貰ってから退職をする人が増えますので、欠員を補う為の募集といった形で求人が増える事もあります。転職の時期がまだ固まっていない場合は、こうした採用のピークに照準を合わせた転職スケジュールを立ててみるのもいいかもしれません。
適切な退職のタイミング
限られた人員で運営している医療機関にとって、優秀なコメディカルに抜けられてしまう事は大きな負担になります。もし今の職場の就業規則に「退職は1ヶ月前に申告すること」と書かれていたとしても、2ヶ月くらい前までに報告しておけば自分も引き継ぎ業務に余裕が持てますし、職場としてもあなたが抜けた後の準備をあなたが抜ける前にしておくことができます。また、職場毎に繁忙期があると思いますので、できるだけピークに重なるような退職は避けるという気遣いも大切です。最終的に「自分はできる限りの事をした」と言える状態で退職するのがベストです。
 
会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

転職サポート

このページのトップへ

 
カテゴリ別