直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128612

豆知識 4734view

【介護士の履歴書】書き方の注意点や担当者がチェックしているポイントとは?

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:藤田 真央理

履歴書の作成は、転職活動の際に避けては通れないものです。今回は、履歴書の基本的なルールのおさらいから採用担当者がチェックしているポイントまでご紹介いたします。久しぶりに履歴書を作る方や初めて介護業界に転職する方は、是非とも参考にしてみてください。

目次



1.履歴書の書き方を再確認しよう



履歴書の書き方を忘れてしまった人や迷ってしまった人のために、まずは知っておきたい基本ルールやマナーを確認していきましょう。


1-1.事前に準備するもの

①履歴書

市販のもので大丈夫です。封筒などセットで販売しているケースがほとんどですので、フォーマットに指定がない場合は、こちらを準備すると良いでしょう。


手書きとパソコンどっちが良いの?

最近は、インターネットから無料でダウンロードができるものもあり、パソコンで作成するケースもありますが、介護業界では、手書きの履歴書が好まれる傾向にあります。

介護は人との関わりが大事な仕事になりますので、人柄を重視して採用を行うケースも少なくありません。そのため、文字や文章内容から性格などを判断している場合もあるので、特に指定がない場合は、手書きで丁寧に記入していきましょう。


②ボールペンまたは万年筆

黒のボールペンまたは万年筆で記入しましょう。綺麗な字を書くことよりも丁寧に書くことを意識することが重要です。


もし書き間違えてしまったら?

もし書き間違えてしまった場合は、修正テープや訂正線は使用せずに、新しい用紙に書き直しましょう。そのまま提出すると、履歴書の見栄えが良くないだけではなく、担当者に熱意がないと思われてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

書き間違えが多く困っている方は、一度鉛筆で下書きをしてから清書するという方法で作成している方もいますので、一度試してみると良いでしょう。


③証明写真

証明写真は、採用担当者が履歴書でまず最初に見る部分と言われています。好印象を与える写真の準備をしっかりと行いましょう。

証明写真の3ヶ月以内に撮影したものを利用します。撮影場所に規定はありませんが、スピード写真よりも、できるだけフォトスタジオで撮影した写真の方が好印象です。


証明写真の際の服装は?

服装は、男女問わずスーツが理想的です。明るいイメージを持ってもらえるよう自然な笑顔を意識しましょう。女性の場合、髪の毛が長い方は束ねて、派手すぎるメイクは避けてください。

また履歴書に貼る際は、剝がれてしまう場合もありますので、裏面に自分の名前と日付を記載することをおすすめします。 


2. 注意したい3つのポイント

履歴書作成時の細かな注意点を見ていきましょう。 記入する項目はどれも大事なポイントですが、特に見落としがちなものを3つピックアップしました。
基本的な書き方を確認したいという方は、下記の記事を合わせてチェックしてみてください。



2-1.「学歴・職歴」の記載方法

学歴と職歴は分けて記載します。各項目の最後の行の右端に「以上」と記載しましょう。西暦・和暦どちらで記載しても特に問題はありませんが、その際には、履歴書全体でどちらかに統一されているか確認するようにしましょう。

また、学校名や会社名は省略をせずに正式名称で記載する点に注意が必要です。


正式名称の記入例

×:県立○○高校
○:○○県立○○高等学校

×:(株)○○
○:株式会社○○

×:(福)○○
○:社会福祉法人○○ 特別養護老人ホーム○○

×:(医)○○
○:医療法人○○ 介護老人保健施設○○


2-2.「資格」の正式名称

免許・資格は正式名称で取得した年と合わせて正しく記入しましょう。法改正により、名称が変わっている資格もありますので、確認が必要です。

また、取得予定の資格がある場合は、「現在○○資格取得のため勉強中」と記載することで担当者に熱意をアピールすることができるでしょう。

以下よく使う資格の正式名称やお持ちの場合は記載したい資格をまとめましたので、チェックしてみてください。


間違いやすい資格の記載方法

×:ホームヘルパー2級
○:訪問介護員2級養成研修課程修了

×:初任者研修
○:介護職員初任者研修課程修了

×:実務者研修
○:介護福祉士実務者研修課程修了

×:ケアマネジャー
○:介護支援専門員


2-3.転職歴が多い・短期離職歴が多い場合

転職回数や早期での離職歴がある方は、履歴書への記載をためらってしまうのではないでしょうか。「不利になってしまうのではないか」「悪いイメージを持たれるのではないか」と思うかもしれません。

結論から申し上げますと、いままでの転職歴や短期離職歴は、履歴書には記載しましょう。万が一、採用後に職歴等の詐称が発覚した場合、より印象が悪くなるのみならず、最悪の場合は、雇用契約の問題にも繋がりますので注意が必要です。

大事なことは、転職や退職の理由をしっかりと説明して、それでも「採用したい!」と担当者に感じてもらうことです。

「また辞めるのではないか」と思われないために、「なにを経験してきたのか」「なにを応募先で実現したいのか」など自分の言葉で具体的なビジョンを伝えることがより大切になります。


3. 履歴書提出時のマナー

履歴書の記入が完了したら、提出の準備になります。完成したからといって油断せず、提出の際のマナーもしっかりと抑えておきましょう。


履歴書を郵送する前に・・・

①見直しをする
履歴書の記入がすべて終わったら、再度内容を確認しましょう。誤字脱字の確認はもちろん、和暦・西暦は統一されているかなどの細かい点も見直しましょう。

また、志望動機や自己PRなどあなたの個性を伝える箇所については、客観的な視点から見てみるとよいでしょう。時間に余裕のある方は、家族や友人などに頼み、目を通してもらうことをオススメします。

②コピーをとっておく
提出する履歴書は必ずコピーを取り、保管しておきましょう。選考が進んだ際は、提出した履歴書の内容をもとに面接は進んでいきますので、事前に想定される質問への回答を準備しておくと好印象です。


3-1.事前に郵送する場合

履歴書を郵送する時は、封筒に送付状(添え状)を同封して送ります。その際には、履歴書に汚れやシワがつかないようクリアファイルに挟んで送るようにしましょう。

市販の履歴書であれば、封筒もセットになっているケースがほとんどなので、揃えることに困った場合は、そのまま利用すると良いでしょう。


3-2.面接時に渡す場合

履歴書を面接時に持参する場合でも、クリアファイルに挟んで封筒に入れます。また、封筒の表面の左下に「履歴書在中」と記載しましょう。

持参する場合には、送付先を記入する必要はありませんが、裏面に誰のものか判別ができるよう「住所」「氏名」の記載を忘れずに行いましょう。


4. 採用担当者がチェックするポイント

採用担当者は、履歴書のどこをチェックして選考を行っているのでしょうか。ここでは、採用担当者が知りたい情報やチェックしているポイントをご紹介していきます。採用する側を意識して作成することで、他のライバルと差別化できる、印象に残る内容の履歴書に仕上げることができるでしょう。


4-1.具体性のある内容かどうか

急な退職に伴い、即戦力で活躍して頂ける方を募集していました。しかし、経験があることは職歴を見ればわかるのですが、応募の理由や自己PRがいわゆる「テンプレート」のような内容が記載されていました。

その履歴書からは、具体的な業務内容や当施設での活躍するイメージがつかなかったため、結局その方はお見送りとなりました。本当はお一人おひとりにお会いしたいのが本音なんですがね・・・



4-2.志望動機に説得力があるか

「うちで○○を実現したい!」という明確な志望動機が記載されている履歴書を送ってくださる方には、こちらとしてもぜひ一度お会いしてみたいという気持ちになります。

その他にも、事前にホームページや求人情報を色々と調べてくれて、私たちの特徴を理解しているなと感じる履歴書からは熱意を感じます。自分なりの言葉でまとめていると気持ちは伝わりやすいと思います。



4-3.丁寧な字かどうか

応募者の方には、手書きの履歴書をお願いしています。履歴書の字には、その方のある程度の性格が反映されると思っているからです。しかし、字が綺麗かどうかはあまり重要視はしていません。あくまでも丁寧に記入されているかを見ています。

介護業界では、人柄が採用基準の中でも大事なポイントになりますので、他にもチェックしている採用担当者が多いのではないでしょうか。


5.好印象を与える履歴書を準備しよう



選考が進み、いざ面接となった時も、履歴書の内容をもとに面接は行われていきます。当たり前のことではありますが、履歴書の作成は「選考の第一段階」という意識を改めて持っていただき、採用担当者に「この人をぜひ採用したい!」と思わせる魅力ある内容にすると書類選考の通過率も変わってくるでしょう。


履歴書の作成は苦手な方が多いと思いますが、「志望動機」「自己PR」などあなたの経験や応募先への思いを伝える大事な書類になります。書き方の基本ルールやマナーをしっかり守って印象の良い履歴書の作成を心がけていきましょう。


 合わせて読みたい


PAGE TOP