直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128612

豆知識 1213view

特養で働く介護職 仕事内容や給与、メリットまで詳しく解説!

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:加藤 直也

介護施設には、受けることのできるサービスや対象となる高齢者の属性によって多様な種類があります。特養(特別養護老人ホーム)もその中の一つであり、日常的な介護を必要とする比較的介護度の高い高齢者の生活の場となる施設です。今回は特養で働いてみたいと考えている介護職の方向けに特養での仕事内容や給与事情、こんな人が向いているといった内容まで詳しく解説します!

目次



1.特養って何?

特別養護老人ホームでレクリエーションをする利用者と介護士

特養は、正式には「特別養護老人ホーム」のことを指し、公的な介護保険を利用して入所できる施設です。自治体が主体となって設置し、社会福祉法人が運営を行う公的施設という側面もあります。


原則、入所は要介護3以上の比較的、介護度が高い人に限定されており、自宅での生活が困難な高齢者が利用する生活の場という性質が強い点が特徴です。病気やケガ、老化などに伴って介護を必要とする人が、身の回りの世話などの介助を受けながら生活することができます。人生の最期を迎える”終の棲家”として利用する人も多いです。


公的な介護施設のため、民間が運営する有料老人ホーム等に比較すると費用は比較的安価ですが、その分、入所希望者も多く、希望してもすぐに入所できるとは限りません。入所までに時間がかかる場合も多くあります。


特養の種類

特養には大きく分けて「従来型」と「ユニット型」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。


従来型は昔からある特養に多いタイプです。個室の数は少なく、4人部屋あるいは2人部屋といった多床室がメイン。入所人数は施設の規模によりそれぞれ異なりますが、施設利用者全体を、その日の勤務スタッフ全員で協力しながら介護するというスタイルが中心です。


一方、近年新設されている特養の多くはユニット型です。全室個室で、10室ほどからなるユニット単位で介護を行います。職員もユニット単位で配置されるため、少ない人数をいつも決まった職員が対応するスタイルです。利用者のプライバシーが守られ、細かいケアが行き届きやすいという特徴があります。昨今では、従来型特養がユニット型に改築するケースも珍しくありません。

2.特養の仕事内容

移乗介助を行う女性介護士

特養の介護職は、利用者それぞれに作成される施設サービス計画書(ケアプラン)に基づいて仕事をします。主な仕事内容は以下の通りです。

・身体介助

・生活援助

・レクリエーションやイベントの企画・実施

・リハビリのサポート

・介護記録の作成


介護職の主な仕事内容

身体介助

入浴や食事、排泄、更衣、移動など、利用者の身体に直接触れて行うサポートです。一般的に入浴頻度は週2回ほどで、入浴ができない場合は清拭をして体を綺麗に保つ工夫をします。食事は栄養士が栄養バランスを考えて献立を立て、利用者の身体状況や好みに合わせたメニューを提供。排泄や更衣、移動などは利用者の自立を促しながら支援します。


生活援助

洗濯や掃除、食事の準備・片付け、買い物などの利用者の身体に触れないで行うサポートです。洗濯は無料で職員が行いますが、クリーニングが必要なものは利用者負担で業者に委託する傾向にあります。居室や他の利用者と共有するスペースの清掃も職員の仕事です。


レクリエーションやイベントの企画・実施

特養内で行う季節に応じたイベントやレクリエーションの企画と当日の運営を行います。正月やクリスマスなどの年間行事や日々のちょっとしたイベントや、体を動かすレクリエーションなど、利用者にとって大きな楽しみになりうる企画を生み出す仕事です。


リハビリのサポート

排泄や食事など日常生活を送るのに必要な身体機能の維持・回復を目的にしたリハビリをサポートします。専門知識が必要な場合は、理学療法士の協力を得て行うことも多いです。先に挙げたレクリエーションもリハビリの一つといえるでしょう。


介護記録の作成

職員同士で情報共有を行うため、利用者の毎日のケアの実施状況や体調などを記録します。職員にとっては、事故が起きた際の法的な証明にもなる大切な文書です。提示することで、自分だけでなく他の職員や施設を守ることにもつながるので、記録・保管を怠らないことが大切です。

利用者の手を引く介護士

介護士の仕事内容を解説!職場ごとの違いや1日のスケジュール例を紹介

今回は、介護士の仕事内容について解説していきます。介護士の仕事といっても、その内容は施設形態によって様々

詳細を見る

特養での1日のスケジュール

【日勤】

08:30

出勤・申し送り 

09:00

入居者バイタルチェック・入浴介助・排泄介助 

12:00

昼食準備・食事介助

13:00

環境整備・レクリエーション実施

15:00

お茶タイム

16:00

記録作成・申し送り・会議資料まとめ

17:30

退勤 

【夜勤】

17:30

出勤・申し送り

18:00

夕食の準備・食事介助・後片付け

20:00

就寝準備・排泄介助

21:00

消灯

22:00

夜間の見回り

01:00

休憩時間・仮眠

03:00

夜間の見回り

05:00

起床準備

07:00

朝食の準備・食事介助・後片付け

08:00

記録作成・申し送り

08:30

退勤


施設によりスケジュールに違いはありますが、一般的な仕事のスケジュールです。特養の場合、入所する利用者のケアを24時間体制で行うことになるため、早番、日勤、遅番、夜勤など複数のシフトがあり、それぞれのタイムスケジュールに併せた業務を担当します。

3.特養で働く介護職の給与事情

特養で働くことを検討するなら、給与事情の把握は欠かせません。一般的に、夜勤を含めて勤務が可能ならば夜勤手当が受け取れる分、日勤のみの職場よりも給与額がやや高い傾向にあります。

以下は、厚生労働省が発表した介護職の平均給与額です。

特養

350,430円

訪問介護

306,760円

デイサービス

280,600円

介護職の全体平均

315.850円



この調査結果から、資格の有無によって平均年収に約30万円もの差があることが分かります。


平均給与額からも分かるように、特養で勤務した場合、夜勤のないデイサービスや訪問介護等の事業所よりも、高い給与が見込めるといえるでしょう。


笑顔の高齢者に寄り添う介護士

介護職の年収はいくら?男女別・年齢別の平均年収と年収の上げ方をご紹介

皆様は介護職の年収にどの様なイメージをお持ちでしょうか。今後需要が益々伸びていくといわれているこの仕事で、

詳細を見る

4.特養で働く上でのやりがい・大変なこと

特養で働く介護士はどんなことにやりがいや大変さを感じてるのでしょうか。自分が特養で働いたときにどんなことを感じるか考えながら見ていきましょう。


やりがい

利用者やご家族からの感謝

特養に限ったことではありませんが、感謝の言葉にやりがいを感じる介護士は多いようです。日々介助やレクリエーションなど利用者の生活を支えるために業務に奔走しており、業務中は休まる暇もないことも多々あります。そんな中でかけられるなにげない感謝に力を貰っている介護士は多く、日々の原動力にしているそうです。


介護スキルの向上

特養は比較的要介護度が高い利用者の方が多く、介護士に求められるスキルもそれなりのものになります。働きながらスキルを習得・向上させていく人も多く、自分の成長に大きなやりがいを感じやすいようです。経験や資格がなくても特養で働くことができるということもあり、特に経験がない人ほど自分の成長度合いにやりがいを感じやすいのではないでしょうか。


車いすを押す女性介護士

介護職のやりがい|職場別の魅力ややりがいを感じられない時の対処法

力仕事が多く、とにかくキツそうなイメージがついて回る介護の仕事。そんな中でいきいきと働いている人たちは、

詳細を見る

大変なこと

業務負担が大きい

要介護度が高い人が多い分、一人の利用者の方の介助が大変なケースが多いです。特養は人数自体もかなり多いので、一人ひとり必要な介護が違い、そこに慣れていくことが大変だと感じる介護士の方も多いようです。また、夜勤に入ると、施設によっては一人でユニット全体の利用者を担当することもあるので、一人での対応の難しさに苦労している人も多いです。


体力的にきつい

身体介護は支えたり、抱えたりなどの力仕事があり、要介護度が高い人の介助はその分体力を使うことになるので、きついと感じる人は多いです。最近では介護ロボットの導入などで体に負担をかけないように対策している施設も増えてきました。また、夜勤を含む不規則なシフト勤務という点も、身体が休まりにくく大変だと感じる要素なのではないでしょうか。


振り向いている女性介護士

介護職って本当に大変?介護職が抱える悩みややりがいについて解説!

あなたにとって介護職のイメージはどんなものでしょうか?力仕事ばかりで大変そうな仕事というイメージがありますが、

詳細を見る

5.こんな方には特養がオススメ!

笑顔の女性介護士

以下のポイントに当てはまる人は、特養勤務に向いている傾向があります。自分の性格や仕事への目的と照らし合わせて考えてみましょう。


キャリアアップを目指したい

特養は定員が比較的多く、利用者の要介護度も高いため、それだけ様々な特性をもった高齢者のケアを経験することができます。多種多様な状態・病状にある利用者の介護に携わることでスキルアップが期待できるでしょう。規模の大きい施設が多く、主任やユニットリーダー等の責任ある役職に抜擢される機会も比較的多くあります。


利用者一人ひとりと向き合って長期的なケアを行いたい

特養利用者の多くは、長期間の利用を前提として特養を選ぶため、一度入所した利用者は入院等がない限り、長期的に同じ施設で生活を送ることが多いです。同じ利用者のケアを継続して行えるので、一人ひとりと関係性を構築しやすく、それぞれに合った接し方・ケアの仕方が掴みやすくなります。関係性を作りながら、一人ひとりに合ったより良いケアを試行錯誤できる環境は、介護職としてのやりがいにも繋がるでしょう。


給与を増やしたい

特養での勤務は、介護職として給与アップを目指す人にもおすすめです。特に、現在夜勤がない職場で働いていて、今後は夜勤も含めて勤務ができる状況であれば、特養に転職することで給与アップを実現できる可能性があります。1回あたりの夜勤手当の額は施設によって異なるため、求人を探す際は基本給やその他の手当とあわせてチェックしてみましょう。


電卓と貯金箱を手にする女性介護士

【2021年度最新版】介護職員処遇改善加算とは?介護職への影響も解説!

皆さんは「介護職員処遇改善加算」について知っていますか?言葉は聞いたことがあっても、介護職にどのような影響

詳細を見る

安定した職場で働きたい

超高齢社会の日本では今後も介護サービスのニーズは高まっていくと予想され、特養の件数も増えていくと思われます。特養は社会福祉法人という公共性の高い組織により運営が行われております。一般の企業のように事業が立ち行かなくなって倒産してしまうというリスクは比較的小さいので、経営が安定している職場で長く働きたいと考えている方にとっても特養は職場の選択肢になるのではないでしょうか。


6.特養で働く前に押さえておきたいポイント

特養への就職・転職を決める前に知っておきたいポイントをご紹介します。働きはじめてから「想像と違った」と後悔しないためにも、以下のポイントを押さえておきましょう。


介護度の比較的高い利用者が多い

特養の入居条件は、「原則65歳以上で要介護3以上の高齢者」です。要介護3以上の高齢者の多くは、生活上のあらゆる場面で介護が必要な状態にあり、寝たきりの方も多くいます。そのため、特養では身体的介護のニーズが高く、体を支えたり持ち上げたりといった業務も。体力や力仕事に自信がないという人には負担が大きいかもしれません。


車椅子の高齢者に寄り添う女性介護士

介護職って本当に大変?介護職が抱える悩みややりがいについて解説!

あなたにとって介護職のイメージはどんなものでしょうか?力仕事ばかりで大変そうな仕事というイメージがありますが

詳細を見る

夜勤がある

特養は要介護者が暮らす生活の場なので、24時間365日ケアが行われています。介護職は早出や遅出、夜勤、日勤のシフト勤務となり、正社員の場合は夜勤も含めた勤務が求められることが多いです。特に、夜勤は夕方から翌日朝までの長時間業務を担います。不規則な勤務に対応できる自信がない、夜間の業務が体力的に厳しいと感じる方には難しいでしょう。


高齢者の手を取る女性介護士

【介護職夜勤】働き方の特徴や辛い時の対処法、求人で抑えるべき点を紹介!

介護職の頭を悩ませることが多い「夜勤」。体力的にきついため避けたいが、一方で収入面も心配と考えている方も

詳細を見る

必要な資格について

特養で働くために必須となる資格は特に定められていません。例え無資格であっても働くことは可能です。一方で比較的要介護度の高い高齢者が入居していること、夜勤を含む交代制のシフトであることなどから、ある程度の業務経験や介護職員初任者研修以上の資格が求められるケースもあります。 中には資格取得を支援するための制度を設けている施設もあり、無資格の状態で勤務を始めたとしても、働きながらスキルアップ・キャリアアップも可能です。介護に関する専門的な知識・技術を身に付けて、利用者のケアを行いたい、長く介護の業界で働いていきたいと考えている方は資格の取得がおすすめです。


ノートやペンの画像
介護士なら取得したい資格5選!メリットや取り方を解説

介護の仕事は、無資格からでも採用される可能性があり、転職先として検討する方も多いでしょう。しかし、キャリアアップ

詳細を見る

7.特養でスキルアップを目指そう!

特養は要介護度の高い高齢者が入居し、日々の生活を送る場です。介護職としての経験をもっと積みたい、色んな人と関わってスキルアップしたいと考えるのであれば、高齢者介護に関わる一通りの業務を経験できる特養が良いでしょう。特養で身に付けたスキルは、他のどの介護施設・事業所でも役立てることができます。介護職としてこれから就職したい人はもちろん、よりスキルアップを目指す人や、給与アップが見込める職場を探している人も、ぜひ一度、特養の求人をご覧ください。


PAGE TOP