直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128309

豆知識 400view

夜勤専従で働くなら知っておきたいこと!メリットとデメリットは?

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:漆間 幸治

医療・介護業界の人なら馴染みも多い夜勤専従というワード。ただ実際に働いてみた方はそこまで多くないはず。ここでは看護師や介護職員として施設に勤めている方向けに、どのような特徴やメリット・デメリットがあるかを紹介。もしかしたら自分に合った働き方かもしれません。

目次



夜勤専従はどういう働き方?

夜勤専従とは?

読んで字のごとく夜勤帯だけ働く雇用形態です。シフトの多くは17:00~10:00の間で、15時間程度の拘束時間であることがほとんど。


もちろん休憩や仮眠時間を挟んでの勤務になるため、基本的には労働基準法に則っての勤務となります。ただし通常の夜勤同様、拘束時間は表記通りになるため、身体的な負担は日中の勤務に比べて大きくなります。


ただ悪いことばかりではなく、夜勤明けの1日は休みになります。そのため、連日の勤務とはならず、しっかり生活のリズムを取り戻すことも可能です。


業務内容は?

基本的な業務内容に加え、夜勤帯の業務である食事介助、巡回、トイレ誘導、起床介助など、夜勤をしたことがある人であれば経験していることしかありません。 介護士のタイムスケジュールを例に見てみましょう。


16:30 出勤、日勤スタッフからの引継ぎ、その他サポート業務

17:30 夕食(食事・服薬介助)

18:00 口腔ケア、利用者自由時間中の管理

20:00 就寝準備(トイレ・おむつ交換)

22:00 消灯

23:00 巡回、トイレ誘導(おむつ交換)

24:00 利用者の状態を記録

01:00 休憩(軽食や仮眠をとる)

03:00 巡回、トイレ誘導(おむつ交換)

05:00 起床(着替え、車いすへの移乗)

06:00 朝食準備、体調確認(バイタル測定など)

07:00 朝食(食事・服薬介助)

08:00 口腔ケア、下膳

09:00 介護記録の作成、日勤スタッフへの引継ぎ

09:30 退勤


上記のように、基本的には夜勤帯の業務と変わることは無く、あくまで夜勤だけで働く雇用形態だと覚えておきましょう。


一般的な常勤職員との違いは?

では実際にどういう部分が違ってくるのでしょうか。
端的に言ってしまえば、一回ごとの給与と出勤日数が変わってきます。


看護師と介護士、それぞれ日勤夜勤混合の常勤職員と夜勤専従職員の数字を比較してみましょう。


看護師の場合

・常勤職員
基本給270,000円+各種手当80,000円
・夜勤専従職員
時給1,500円+夜勤手当11,000円/回


  常勤職員 夜勤専従職員
給与 約35万円 約33.5万円
休日日数 115日/年 120~132日/年
年収/勤務回数 約21,000円 約33,500円

介護職員の場合

・常勤職員
基本給173,000円+各種手当67,000円
・夜勤専従職員
時給1,020円+手当6,000円/回


  常勤職員 夜勤専従職員
給与 約24万円 約21.3万円
休日日数 110日/年 120~132日/年
年収/勤務回数 約13,500円 約21,300円

上記はあくまで参考程度ですが、一勤務あたりの単価に差があることがわかります。
夜勤は拘束時間も長く、1勤務が2日分扱いでもあるため、単純計算では考えられません。とはいえ常勤職員はボーナス3ヶ月分も加算しているので、試算を大幅に上回ることはないでしょう。


夜勤手当が勤務ごとに発生するため当たり前ではありますが、数字だけで判断するならばとても割が良いと言えます。


【メリット】

・業務の種類は少ない

・Wワーク先として検討できる

・明るい時間帯に自由時間が作れる


他にもこのようなメリットがあります。
ではデメリットはどうでしょうか。


【デメリット】

・非常勤採用の場合が多い

・拘束時間が長い

・生活リズムが乱れる

・業務における責任が重い


一部ではありますが、上記のようなものが代表的なデメリットです。
生活リズムが乱れるという部分については、昼夜逆転とはいえある程度安定するという考えもあるため、人によりけりではあります。


ただ拘束時間については明確に影響が出るため、通常勤務以上に生活習慣の乱れが出ることも懸念されます。その分支給される休日をうまく活用しないと、より負担の大きい働き方になるということを覚えておきましょう。


常勤職員(正職員)としての雇用は稀ということも人によってはネックになることも。ただ勤務時間的に社会保険の対象となることがほとんどですので、福利厚生の部分で気にする方は雇用条件をよく確認しましょう。


他にも夜勤帯は、自分以外の職員はほとんどいないので、一つの業務に対する責任は大きくなります。常にバックアップがない体制が続くことで、今までにない疲労を感じる人も少なくないようです。


向いている人は?今の職場で悩んでいるなら検討もアリ

では実際にどういう人が勤務に向いているのでしょうか。勤務の特徴的に下記のような方は要チェックです。


・人間関係が煩わしい人

・日中に一人の時間を確保したい人

・収入は減らしたくないけどプライベートな時間を確保したい人

・体調に合わせたスケジュール管理ができる人


上記にもある通り、人間関係のトラブルは医療・福祉の職場における退職理由No.1でもありますので、そういった経験のある方が選択する傾向もあるようです。
一人の時間を大切にしたい人や、プライベートの時間をより多く楽しみたい方は通常勤務よりも向いているかもしれません。


看護師の退職理由No.1|職場の人間関係の改善の秘訣とは

看護師の退職理由は多々ありますが、ネガティブな理由で見ると「人間関係」が一番に挙がります。白衣の天使と

詳細を見る

資格は必須?

一方で、勤務中は基本的に夜勤ですので、業務負担が大きいことに耐えられること、一回ごとに替えが効きづらい立場であることを自覚することも必要です。メリハリのあるスケジュールを組み立てられる必要があると認識しましょう。


資格が必ずしも必要というわけではありませんが、経験は殆どの職場で必要とされるでしょう。もちろん資格を持っていることで、より多くの業務に関わることもできます。


様々な経験を積むことができますので、将来的にキャリアアップを考えている場合は資格の勉強と並行しての勤務、ということにも向いていると言えます。


夜勤専従で多く作れる時間を有効活用しよう!

夜勤専従という働き方について簡単にまとめると、


・勤務単価が高い

・プライベートの時間を多く作れる

・夜勤帯の勤務を一人でこなせる

・メリハリのあるスケジュール管理能力が必要


というところです。
日勤夜勤混合の常勤職員と比べて、一概に勝っているとは言えませんが、高い給与で自分の時間を多く確保できるという面は確かにあります。


夜勤の業務をしっかりこなせる自信があり、今後のいろいろなことに向けてプライベートな時間を作りたいという方は一度検討してみてはいかがでしょうか。




セカンドラボ株式会社

URL:https://www.2ndlabo.co.jp

2020年1月よりセカンドラボ株式会社に入社。医療・介護向け求人メディア「コメディカルドットコム」にて、2021年までは病院を対象に、現在は介護施設を中心に営業・採用課題のサポートを行う。

PAGE TOP