直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数88863

看護師の転職の落とし穴?失敗した後ではもう遅い! / 豆知識

豆知識 63950view

看護師の転職の落とし穴?失敗した後ではもう遅い!

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:加藤 直也

看護師として働いて数年すると、さまざまな理由から転職について考え出す人が多くなってきます。
初めて経験する転職「どんなふうに始めればいいんだろう?」まずは何をしたらいいんだろうと不安になるかもしれませんね。もし転職の際にどんな方法を使うかによって、結果が変わってしまうとしたらどうでしょう。実際に転職に失敗して後悔する前に、看護師の転職についての実態を知っておきましょう。

看護師が転職を考えるとき

新卒で入職したあと、一度も転職について考えずに同じ職場で働いているという看護師さんは少ないのではないでしょうか。 大きな総合病院でも、地域医療の中核を担うような病院でも、専門性の高い病院であってもそれは同じです。
スキルアップやステップアップのためという前向きな転職もあれば、給与や休日などの待遇面、勤務の厳しさ、人間関係などの問題を解消するためという転職もあるでしょう。
実際に日本医療労働組合連合が2017年に行った 看護職員の労働実態調査では、74.9%の看護師が辞めたいと思ったことがあるという結果が報告されています。
その中でも仕事を辞めたいといつも思うという割合は20.9%にも上り、2割の看護師さんがいつも辞めたいと思いながら働いているという実態があるということが判明しました。
もし今この瞬間に転職を考えている看護師さんがいるとしても、それはごく当たり前の心情です。

ただし実際に転職をする時の転職サービス選びには慎重になってください。 これから一つの体験談をご紹介しますので、せっかく決意して行う転職を失敗や後悔で終わらせないために、就職活動の際の参考にしてください。

希望の病院に入れなかった後悔だらけの転職(体験談)
新卒で入社した大学病院は、残業や先輩の叱責は当たり前、後輩と師長の間に挟まれ、いつしか私は本来の自分を失くしていました。
そろそろ転職しようかなと考えていたある日、私の目に止まったのはある人材紹介サービスの広告でした。サイトを見ると求人がたくさんあり、なかでも一番気になったのが近所にあって自分も小さいときによく通ったC病院。優しくしてくれた看護師さんたちみたいに私もなりたいと思い、すぐに転職相談の申し込みをしました。
登録後間もなく一本の電話があり、担当となったエージェントさんとの面談が決まりました。面談当日は家の最寄り駅までエージェントさんに来てもらい、今の職場の話、こんな職場がいい、C病院に入りたいなど1時間程度話をした上でプロフィールシートを作成して終了。

数日後にエージェントさんから電話があり、結果が伝えられました。
なんと...C病院には書類選考で落ちてしまったとのこと。
もう働くイメージを膨らませていただけに、とてもショックだったことを覚えています。

結局その後はエージェントさんから紹介を受けた別の病院にトントン拍子で採用が決まり、今はそれなりに満足して働いています。 お休みもしっかり取れ、友達と遊ぶ時間も作れるようになりました。
でも久しぶりに専門学校時代の同級生Aちゃんとランチに出かけた時、彼女から思いもかけない話しを聞くことになります。
専門学校時代のくだらない話、前の職場の話などを続ける私に彼女が言った言葉
「実は私C病院に転職したんだ。」

え・・・?
私は書類選考で落ちたって言われたのに??

一瞬黙り込んでしまうほど驚いたのですが、話しを聞いているとどうも二人とも同じ時期にC病院に応募していたらしいのです。 同級生で二人とも地元の大学病院に就職し、3年間しっかりと働いて同じタイミングで応募をした。
そんなに変わらないはずなのに・・・

Aちゃんによると、広告サイトから応募をしたあと病院の人から直接連絡があったそうです。
Aちゃんと私、二人の差は使った転職サイトの違いだけ。
たったそれだけの違いで結果には大きな差がついてしまったのです。

採用されたAちゃんと、書類選考で不採用になってしまった私。
ショックを隠し切れない私にAちゃんが言った言葉はかなり衝撃的なものでした。
「人材紹介を使わない病院もあるんだって。私も聞いた話なんだけど、人気のある病院ほど紹介を受けないってところが多いって先輩が言ってた。C病院は人気があるから、私は求人広告のほうがいいかなーってサイトを選んだんだよね。」

思ってもみない落とし穴でした。
転職サイトなんてどこも同じだと思っていた私がバカだったのです。
初めての転職で何も知らなかった私は、サポート付きで交渉までしてくれるという言葉を信じて、エージェントのお兄さん任せになっていました。
紹介できない病院が掲載されているなんて聞いていないし、C病院は紹介できないということも教えてくれなかった。
あんなにC病院で働きたいと言ったのに・・・。

今でもC病院で働けていたら、と悲しい気持ちになることがあります。
これから転職活動をする人は、私と同じような失敗をしないように、転職サービス選びには慎重になってほしいと思います。

人材紹介サイトと求人広告サイトの違いを押さえる
転職サービスの違いを少し知っていたかどうか、たったこれだけのことで2人の転職は全く違った結果になってしまいました。人材紹介も求人広告もどちらも転職においてよく使われるツールですが、 それぞれどんなサービスなのか?自分はどのサービスを使うべきなのか?しっかりと理解しているでしょうか。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、積極的に使い分けることで自分に合った転職を行うことができます。
自信がないという方は、それぞれのサービスの特徴を確認しておきましょう。

人材紹介のサービスとは

人材紹介は厚生労働省から認可を受けた企業が運営する、職業斡旋サービスです。
転職エージェントが間に入って、求人募集を行う事業所とサービスに登録する求職者のマッチングを行います。希望条件に近い求人を提案してくれるので自分で求人を探す必要はなく、働きながらの転職には便利です。

一方で、採用する企業には高額な紹介手数料が発生します。厚生労働省の実施した「医師・看護師に係る職業紹介事業に関するアンケート調査結果」によると、看護師の紹介手数料は採用した人の年収の20%以上~30%未満を請求している事業所が最も多く全体の45%となっています。例えば年収500万円の看護師を1人採用するたびに採用側は100万円~150万円程度の費用を負担しています。 そのためできるだけ人材紹介は利用しないという病院やクリニックも多く存在します。 担当エージェントから募集締め切りと言われた、書類選考の結果不採用と断られ続けるなどの状態になっている場合は、高額な手数料が転職の足かせになっていることもあるので注意が必要です。

人材紹介を利用するメリット

  • 業界に詳しいエージェントがサポートしてくれる
  • 希望や条件を伝えておくとその人にあった求人を紹介してくれる
  • 求人サイトや病院のHPには掲載されない非公開求人を持っている

人材紹介のデメリット

  • サービスが手厚い分、事業所の負担が高額
  • 人材紹介からは採用を行わない事業所がある
  • 応募先と直接やり取りできないため自由に転職活動ができない
  • 見学は出来ないことが多くミスマッチに繋がることがある

求人広告サイトのサービスとは

求人広告サイトは、求人募集を行う事業所が掲載料を支払うことで、広く求職者にアプローチすることができるサービスです。人材紹介と比べると安価に利用できることが魅力で、採用1人当たりにかかるコストが安く抑えられるので、人材紹介からの応募者と比べ求人広告からの応募者に対する事業所の採用意欲は高いという傾向があります。

転職先を探す人にとっては自分で求人を探すという手間こそかかりますが、希望条件が既に固まっている方や既に気になる求人がある方には、こちらのほうが採用される可能性が高く向いているとも言えるでしょう。リアルタイムで求人を更新しているサイトが多いので、長期的に求人を探している人は新着求人をこまめにチェックすると希望の求人が見つかりやすいです。

求人広告を利用するメリット

  • 事業所の採用意欲が高く給与査定に有利に働くことがある
  • 自分のペースで自由に転職活動ができる
  • 気になっていることを直接質問できる

求人広告のデメリット

  • エージェントのサポートがない
  • 直接採用担当者と連絡を取る必要があり、在職中ではハードルが高いことがある

初めての転職で求人情報を探すには
初めての転職活動にはいろいろな不安がつきまとうものです。

履歴書はどう書けばいいの?職務経歴書って何?面接で気をつけることは?
まだ退職を伝えていない…。

そんな風に考えてしまって最初の一歩を踏み出せないという方も多いはずです。それならある程度のサポートを保証してくれる紹介会社を使ってみよう、そう考えたとしても無理はありません。
しかし求職者の側からは見えない高額な採用コストという壁が、採用を阻む可能性も低くはないのです。また、もし転職できたとしても、このコストが仇となって給与の額に影響を与えてしまうことも考えられます。(実際に多くの病院の経理担当者や採用担当者が、人材紹介は使わないでほしいと話しています。)
より満足できる転職を成功させるためには、自分で情報を集め徹底的に調べて応募するくらいの熱意があったほうがいいのかもしれません。

さて、それならばどうやって転職活動を進めたらいいのだろうと思われた方も多いでしょう。病院のホームページをひとつひとつ見て回って募集のある病院を探すとか、ハローワークで病院の求人を探すという方法もありますが、働きながら次の職場を探すことの多い看護師にとってこの方法はあまり現実的とは言えません。

そんなときに助けになってくれるのが、直接応募型の求人広告です。
病院の規模や環境、仕事の内容、給与や勤務条件といった待遇面が詳しくまとめてあり、気になる求人を一目で比較することができ、もし気になる病院が見つかったら、直接問い合わせができるので詳しく条件を聞くことができます。
直接その病院の人事担当者が対応してくれるので、間違った情報を入手したり、ミスマッチが起きる心配も減るでしょう。


求人サービスを上手に利用して転職を成功させよう
看護師が初めての転職を成功させるカギは、どんな求人サイトを利用して情報探しをするかということにあります。
病院側にとっても求職者にとってもメリットのあるサイトを選び、自分が働きたい職場のイメージを明確に持つことができれば、きっと自分に合った転職先を見つけることができるはずです。
そこでおすすめなのが、コメディカルドットコムです。
コメディカルドットコムは、医療介護福祉業界の総合求人ポータルサイトで、病院・介護施設・クリニックの特徴など転職に役立つ情報が豊富に掲載されています。また、大きな写真付きで、職場の雰囲気がわかりやすいのも特徴です。細かい条件を入力しての絞り込み検索で、理想の職場も見つけやすいでしょう。もちろん地域別や施設形態で探すこともできますので、ぜひ情報収集に役立ててみてください。

PAGE TOP