直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数92213

【体験談付き】精神科の看護師に向いている人とは?やりがいや役割、仕事内容 / 豆知識

豆知識 145235view

【体験談付き】精神科の看護師に向いている人とは?やりがいや役割、仕事内容

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:漆間 幸治

精神科の仕事に具体的なイメージがわかないという方も多いのではないでしょうか。「実際には、どんな仕事をし、どんなやりがいを感じるのか?」を今回は解説します。それに加え、精神看護に向いている人の特徴や先輩看護師の体験談もご紹介します。

1.精神科看護師の役割・仕事内容とは?

・コミュニケーションを用いた心のケア
・患者状態の評価や判断
・セルフケアの援助
・薬の処方

精神科の対象領域は精神疾患全般です。具体的には「うつ」「不眠」「統合失調症」などが当てはまります。
ではその中で精神科看護師はどのような仕事や役割を果たすのでしょうか。詳細に解説していきます。

コミュニケーションを用いた心のケア

精神看護において、コミュニケーションによるケアは他の科に比べても重きが置かれているのが特徴です。
患者さんの中には薬物治療に抵抗がある人も少なくありません。投薬を拒否されることもあり、その対応をするには日ごろからのケアがものを言います。
そのためコミュニケーションによる心のケアを積極的に行っていく必要があるのです。

患者状態の評価や判断

自分の状況がうまく伝えられない患者さんも精神科には多くいます。そのため、日ごろから観察を怠ってはいけません。自分の状況がうまく伝えられない患者さんに代わって、看護師が日常的に気を配っておく必要があります。

セルフケアの援助

入浴介助やトイレへの誘導が精神科看護師の業務に組み込まれていることもあります。しかし、近年では看護師助手のニーズが高まってきており、全てが看護師の担当業務とは限りません。
精神看護師が患者の異常発見や信頼構築に注力できる環境である場合も多いです。気になる方はお目当ての病院がどのような環境か確認してみましょう。

薬の処方

患者さんの症状に合わせた薬の処方も精神看護には大切な業務です。薬剤師や医師との連携をする精神看護師は投与量について打診することも多々あります。患者さんへの薬物過剰投与を防ぐためにも、精神看護師の役割はとても重要です。

2.精神科看護師はスキルアップが目指せる職種!「精神科の専門看護師」を目指そう

精神看護師はスキルアップを目指すのに適した職種なのをご存じでしょうか。日本看護協会により認定される、専門看護師。この13の専門分野の1つに「精神看護」が設定されています。精神科領域の専門看護師は精神疾患患者に対して、質の高い看護と、心のケアを行うリエゾン精神看護を提供しています。

3.精神科看護師に向いている人の4つの適正とは?

精神科へ勤めることに興味を覚えたら、気になるのはやはり「どんな人が精神看護に向いているのか?」ということではないでしょうか。精神科看護師における適正は主に下記の4つです。詳しく見ていきましょう。

・長期的な治療で患者さんと向き合いたい
・精神的なタフさがある
・観察力や察する力がある
・精神看護意外の領域にも関心がある

長期的な治療で患者さんと向き合いたい

「長期的に患者さんの回復と向き合いたい」と思う人に精神科看護師は向いています。心因性の疾患は回復の判断が難しく、治療が長期化することも珍しくありません。特に社会的入院*をしてしまう場合、退院後も見据えた包括的なケアが必要です。
*社会的入院……必ずしも治療や退院を目的としない長期的な入院のこと

精神的なタフさがある

精神的に強いことも精神科看護師に必要な適正の1つです。精神科の患者さんの中には暴言や心ない言葉で責め立てる人もいます。 こうした状況では、ちょっとのことではめげないタフさが必要とされます。

観察力や察する力がある

観察力や察する力は精神科看護の現場では特に重宝されます。観察力は患者理解に欠かません。 退院後の生活まで見据えたケアを行うこともある精神看護の現場では、患者理解は特に重要です。普段の業務の中で、患者さんから必要な情報をうまく聞き出すコミュニケーション能力が求められます。

精神看護意外の領域にも関心がある

他領域の知識があると、より精神科看護師として活躍の場が広がります。精神科というと「心の病気」を扱うイメージが強いかも知れません。

確かにそれは間違いではありませんが、実は内科疾患の知識も必要な場合が多いのです。心因性疾患の場合、内科疾患を併発することも多く、心身ともにケアする必要があります。

そのため、精神看護の領域だけでなく、総合的な知識へ興味を広げていける人は特に向いているでしょう。

4.精神科看護師のやりがい3選

・患者さんの笑顔・回復する姿を見ること
・患者さんの退院後も見据えた看護ができる
・幅広い領域の看護スキルを向上できる

患者さんの笑顔・回復する姿を見ること

先輩看護師があげるやりがいとして最も多いのは、患者さんの笑顔・回復する姿を見ることです。患者さんへの観察が特に重視される精神看護という領域。患者さんが自分とのコミュニケーションで笑顔になってくれる喜びはひとしおです。

患者さんの退院後も見据えた看護ができる

精神科では長期的な治療や社会的入院をする人も少なくありません。こうした状況では、退院後を見据えた看護の重要性が増します。
精神病院では生活歴を把握したうえでの看護を求められるため、より生活に寄り添った看護を実践できるでしょう。この点をやりがいにあげる方も多いようです。

幅広い領域の看護スキルを活かせる

幅広い領域の看護スキルが活きるのも精神看護のやりがいといえます。精神科特有の病気だけでなく、身体疾患の知識も重宝される現場であるため、思わぬところで自分の経験を活かすことができます。

5.【現場から】精神科の先輩看護師の体験談。やりがい・大変なこと

最後に、現場から寄せられた体験談をご紹介します。

■体験談1 「薬の悩み、ご飯の悩み」
・(仮) 「先生に言えないんだけど…」と、医師に言いづらいことを看護師に訴えてくる患者さんもいます。
一番多い訴えは「薬を減らしてください」というもの。 そういう時、私の施設では、肯定も否定もせずに一緒に医師に伝えられるように介入していくケースが多いです。

もちろん、薬は患者さんからの訴えがあったからといって減らせないことも多いですが、医師の説明を聞くと納得する患者さんも多いですね。
患者さんとの信頼関係ができてくると「ご飯大盛りにしてほしいんだけど、怒られるかなぁ…」など、雑談に近い訴えも多くなってきます。

そういうときは、疾患による糖質制限などがなければ「医師に言ってみたらいいんじゃないですかね?」と伝えたりしています。患者さんによっては、このような訴えが回復している兆しともとらえられるので、嬉しいですね。

(民間病院 看護師3年目 25歳 女性)

■体験談2 「ちょっと待ってと言えない」
「看護師さん、話があります(相談があります)」という患者様に対し、「ちょっと待ってください」と答えてしまいたくなる。 自分の事(あるいは日課の業務)を優先してしまい、患者様が後回しになっている光景は時々病棟でもみかけます。

でもこれでは、患者様の悩みや相談、希望や願いを実現するための必要なサポートや信頼関係は成り立ちません。「話があります」は患者様の勇気の言葉であり、行動ではないか、と考えます。その勇気に「ちょっと待って」の答えは「絶望」を与えてしまうのではないかと思うのです。

しかし、どうしても待っていただかなければならない時もあります。そのときの私の工夫は、「◯分に行きます(来ます)」とちょっと長めの時間を伝えたうえで、その時刻よりも早く訪室することです。

言葉の使い方や行動1つで、患者様への安心感は大きく変わると私は思っています。だからどんなに業務が大変であっても、私は「ちょっと待って」を言えません。大変だけど、私はこの看護を継続して実践しています。

(国立病院 看護師14年目 38歳 女性)

6.精神科看護師は患者さんとじっくり向き合う仕事。まずは、求人をチェックしてみましょう

精神科看護師は患者さんの心のケアが必要とされる職種です。じっくりと信頼関係を築くには、精神的負担を軽減するような行動を実践していかなければいけません。

ストレス社会と呼ばれて久しい現代社会において、精神科看護師という仕事は今後ますます重要視されていくことでしょう。精神科への転職を希望されている方に、今回の記事が参考になれば幸いです。

もし精神科看護師という仕事に興味を持ったなら、ぜひ実際の求人もチェックしてみてください。

PAGE TOP