直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128592

豆知識 20986view

看護師がスムーズに辞められる退職理由|ホンネと上手な書き方の違いを例文付きで紹介

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:漆間 幸治

やめたいと思っても引き止めに合うのが看護師。周りでもやめたいといいつつズルズルと続けている同僚を見るのは珍しくないですよね。そんなあなたも不満を持ちながら辞める理由が見つけられないでいませんか?そんなときに見てほしい、不満を退職理由として上手に伝える方法を紹介。
転職時のポジティブな言い方はもちろん、退職がスムーズに進むような例文も紹介します。

看護師の退職理由Top5は?まずはどういう理由が多いか把握しよう

1位.出産・育児のため
2位.結婚のため
3位.他施設への興味
4位.人間関係が良くない
5位.超過勤務が多い

看護師の退職理由は上記の通り、結婚や出産といった前向きな理由が多くを占めています。実際に子供の世話を理由にシフトが変更になることもそう珍しいことではなく、子育てを応援するべきという風潮は看護の現場にもしっかりと反映されてきています。

反面、4位に食い込んだ人間関係を筆頭に、超過勤務が多い、通勤が困難など、以降はネガティブな意見が多くを占めており、今回の記事を見にくる方はこれらネガティブな退職理由を抱えている人が多いかと思います。

前向きな理由であれば、そのまま伝えればいいだけですので、ここからはネガティブな理由を例に、各退職理由の上手な書き方を伝授します。

退職理由の例文紹介!実際に使える内容とは?

まずはどういう例文があるかを見てみましょう。ここではネガティブな退職理由Top3「人間関係」「通勤が困難」「超過勤務が多い」のパターンを紹介します。

ケース1.人間関係

患者一人ひとりに向き合った看護がしたいという初心に戻りたいと思い、退職を決意しました。

私は、患者一人一人に寄り添った看護がしたいと思い、看護師を志しました。ですが、現在勤めている職場は、看護職員が中途採用者がほとんどであり、それぞれ看護業務に関しての理解度が高い方ばかりのため、個人個人が業務を黙々とこなしています。

効率はよく、患者の受け持ちも無理がない配置になっていますが、スタッフ間はドライな関係になっており、決して仲が悪いというわけではないのですが、いいとも言えない状況です。

その影響は患者対応にも出ており、急性期病院ということもあってか、寄り添った看護と言うよりは、事務作業のように最低限のことしかできていません。

療養病棟が多くを占める貴院であれば、一人ひとりに寄り添うという看護師を志した初心に戻って業務に当たれると思い、応募いたしました。

この場合は急性期病院から療養型の病院へ転職する際の一例になります。寄り添った看護を動機として、人間関係からくる現状の不満を自分の理想とは違うものの原因としてごまかすパターンです。

ケース2.通勤が困難

父親の体調悪化を機に、厳しくなった通勤環境を改善するために転職を考えています。

現在の病院は新卒の第一希望として入職しました。業務はもちろん大変でしたが、自分の望んだ職場ということもあり、厳しい指導も期待あればこそとして日々励んでいました。ですが、2年目を迎えた春に、父親が倒れ、母とともに介護の必要が出てきました。

元々は病院の近くに住んでいましたが、実家から通勤するようになり、通勤時間が長くなってしまいました。勤務時間に関して、看護師長に相談しようとも思いましたが、個人的な事情では相談しづらく、今は無理をして勤務しています。

まだ表立って体に不調はきたしていませんが、休日は寝るだけのことも多いです。もう少し余裕を持って勤務しなければ、自分の体調はもちろん、患者への看護も疎かになってしまうと考えました。現在は父の容態も安定しておりますが、万が一のことを考え、実家から勤務できる病院に転職しようと考えました。

父の体調が崩れたときはもちろん体調面でも、気兼ねなく業務にあたれると思い、実家から無理のない範囲で通勤できる貴院に転職しようと思いました。

こちらは家族の体調を理由に職場を住居の近くにしたいパターンになります。現在の住居が実家に近い場合は有効でしょう。

ケース3.超過勤務が多い

超過勤務が多く、それを理由に看護が雑になっていることに気付き、このままでは患者の安全性が担保できていないと感じ、転職を決意しました。

もちろん自分には問題がなかったとは思いません。ですが先輩や同僚も度々体調を崩しているなか、私は大きく勤務表に穴を開けること無く勤務できたと自負しています。

気づいた以上、看護師として働き続けるなら、患者の命を脅かすことのない環境で看護をしたいと考えておりますしなければと思い、転職を決意しました。

義務感を盾に、転職の強い意志をアピールしているパターンです。スッキリした内容でも確実に伝わっているならOKです。

退職理由の書き換え方をレクチャー!本音を言い換えるコツを解説

ここまでのサンプルを踏まえ、では具体的に言い換えるには、どういうことに気をつければ良いのでしょうか。注意しなければいけないことは単純です。

・嘘は言わない
・いらないことは伝えない

この2点です。
ではその2点を意識した具体的な言い換え方を見ていきましょう。

人間関係が理由の場合

【ホンネ】
職員間の仲が悪くてほとんど話もしない。何かを聞けば怒られるため、わからないことがあっても言い出せない状況が息苦しかったから。

これではストレート過ぎるので、下記のようにしてみました。

【言い換え後】
各自やるべき業務を理解しており、それぞれが自分で判断しながら業務にあたっていたため、業務自体は回っていたが、しっかりとコミュニケーションを取りながら、バランスを調整して業務に当たりたかったから。

これだと、自分のやりたいこと、やりたいことに対し環境が適していなかったこと、というのをやんわりと伝えることができます。

・【職員の仲が悪い】
→話す必要がない→「各自が業務を理解している」

・【聞いたら怒られるから話しかけられない】
→自分で考えて行動するしかない→「自分で判断しながら業務にあたっていた」

以上のように、自分の職場環境の良くない所を、一部分だけでもポジティブに変換してみましょう。それだけで印象はだいぶ変わります。これが「嘘は言わない」ということです。

一部分をポジティブな意味合いに変えてみると、他の要素が合わなくなってくるので、今度は新しい部分をポジティブに言い換えていきましょう。繰り返せば、全体的にポジティブな内容に変わってきます。

同様に「わからないことがあっても言い出せない状況が息苦しかった」という部分は意図的にカットしています。この部分は「その状況を自分がどう思っていたか」という部分です。「職場に対してどう思っていたか」はあえて触れずに、「どういう環境で働きたいか」という内容に替えてしまいましょう。

・「わからない~が息苦しかった」
→話す必要がなかった→「それぞれが自分で判断しながら業務にあたっていた」

コツとしては、「どういう状況か」を説明できるようにすることです。「自分がどう思っていたか」という状態を客観的に説明すると、状況を説明する言い換えになります。

以上のプロセスを踏むことで、退職理由をしっかりと書き上げられるでしょう。

今の職場をやめる時は正直に伝えよう! ただしあるパターンでは注意点も

現在の職場へ退職を切り出す際、やることは以下のとおりです。

1.退職したい日付を決める
2.上司に退職を申し出る
3.具体的な退職の日付を調整する
4.退職届けを提出する

この中で一番気になるのは「2.上司に退職を申し出る」の部分でしょう。引き止めに会うこともあれば、理由次第では様々な揺さぶりをかけてくることもあります。

ではスムーズに辞めるためにはどういう理由が必要なのでしょうか。

A.嘘をついてごまかす
B.本当の理由を話す
C.頑なに黙秘する

方向性としてはこの3つになります。
ではそれぞれのパターンを見てみましょう。

A.嘘をついてごまかす

これに関しては何を言ってもいいかと思いきやそうも行きません。みなさんも経験があると思いますが、看護師の世界は意外と狭いです。

何かの拍子に以前ついた嘘がバレることもままあります。例えば「親の介護が必要になって」と看護師を辞めることを匂わせて辞めたのに、翌月別の事業所で働いていたことがバレれば、「いやなことがあると嘘をついて辞める」という印象を持たれかねないのは簡単に想像がつきますよね。

なので基本的には、詮索されづらい理由を切り出しましょう。
例えば「家庭の事情で」ということであれば、常識的な判断ができる人なら、そこまで突っかかってくることは無いでしょう。もちろんこの理由でもすぐ働き始めれば突っ込まれるかもしれませんが、「(前職場は親から辞めなさいと強く言われたという)家庭の事情で」ということにしてしまえば、筋は通っています。

B.本当の理由を話す

どれもそれなりに難易度が高いですが、本当の理由を話すことが1番おすすめです。
ここで大事なことは批判的なことを述べるのではなく、実際に自分が辞める理由として「~ということがあったため、~と思いやめました」と、具体的にどういうことがあったのかを説明するに留めましょう。

「ひどくないですか?」というような同意を求めることは避け、あくまでシャキッとしながら自分には何も非が無いという姿勢で淡々と説明しましょう。

主観が入ってしまうと、「ワガママ」という印象を持たれかねませんので、伝えるとしても「どう思ったか」程度。最低限に留め、辞めるという意思をはっきりと示しましょう。

C.頑なに黙秘する

また、今の職場に退職を切り出すときは、退職理由を説明しなければ行けない義務は、法律上存在しません。なのでダンマリを決め込むのも一つの手段です。

基本的には退職届にも使う「一身上の都合」で通せます。個人的な都合という意味であり、職場にプライベートを詮索する権利も無いため、それだけで条件は満たせます。

もちろん正直に話すことも美徳ではありますが、辞める原因がその上司にあったり、引き止めに合うくらいなら、「嘘はつかない」「いらないことは伝えない」のスタンスで、「一身上の都合」を貫くのも一つの手でしょう。

退職理由は転職への最初の一歩 上手な伝え方で転職活動をスムーズに進めましょう

転職のきっかけは人それぞれですが、退職理由に悩む方は大体が現在の職場に多くの不満を持っている方だと思います。退職理由が形になってくると、自分が何を求めていたから不満だったのか、わかるようになるでしょう。

そうなってくると、どうして入職したいのか、という志望理由にもつながってきます。あくまで退職理由は転職活動における第一歩ですが、自分が転職する軸を決めることにも繋がります。

最初に自分が求めるものがわかってしまえば、後は条件に合う求人に応募するだけです。効率よく望んだ職場に入職するためにも、退職理由はしっかりと練っていきましょう。

関連ページ>志望理由の書き方

PAGE TOP