直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数151351

豆知識 13464view

【例文あり】社会福祉士の志望動機はこう書く!志望動機の見つけ方も解説

  • 更新日
投稿者:堀 耕大

社会福祉士の就職・転職活動において、志望動機はもっとも重要なポイントのひとつ。書類選考でも面接でも、志望動機はほとんど必ず尋ねられます。しかしいざ志望動機を問われると、本音をそのまま話してよいのか、自分の志望動機は正しく相手に伝わるのかなど、不安を抱いてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は社会福祉士として就職、転職を目指す方に向けて、キャリアや志望施設ごとの志望動機の例文、気をつけるべきポイントなどを紹介します。

スカウトサービス登録はこちら
コメディカルドットコムは
プロフィールを登録しておくだけで事業所からスカウトがくる!
※個人が特定される情報は事業所側から閲覧不可
  • スカウト経由で内定率2.3倍
  • 希望に合った求人”だけ”を厳選してお届け!
  • 「就業応援制度」で最大50,000円進呈
今すぐ無料登録

目次



1.志望動機には何を書く?

志望動機を書いた経験があまりない方からすると、何を、どう書けばよいのか迷うのではないでしょうか。志望動機に書くべき項目は主に以下の4つを押さえておくと良いです。


  • 社会福祉士を取得した理由やきっかけ
  • 他の施設ではなく、その施設を志望する理由
  • 自分がどのように活躍できるか
  • 将来のビジョン

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


①社会福祉士を取得した理由やきっかけ

まずは「そもそもなぜ社会福祉士という仕事を選んだのか」を伝えることが重要です。


特に未経験者の場合は、ここが採用側に熱意をアピールできるチャンスでもあります。介護職などと比較して、特に社会福祉士を選んだ理由を話せると、業務理解度もアピールできます。


たとえば、

・職場体験で社会福祉士の仕事ぶりを間近で見た

・近しい人が社会福祉士のお世話になった

など、きっかけとなったエピソードを織り交ぜて具体的に話すことができると相手に伝わりやすいです。


②他の施設ではなく、その施設を志望する理由

社会福祉士として働ける職場は他にもあるため、「そこでなければならない理由」を伝えるのが重要です。どこにでも当てはまる志望動機では、志望度が低いと思われる可能性があります。


志望理由の探し方としてはHPから理念や特色を調べてみたり、面接前に見学してみたりするのがオススメです。


③自分がどのように活躍できるか

面接は「自分を売り込む場」といえます。そのため、自分を採用するメリットを伝えることも欠かせません。


やる気や熱意をアピールすることも重要ですが、具体的に生かせそうな経験や長所をはっきり伝えられると、相手も採用後の活躍がイメージしやすくなります。転職なら前職での経験が、新卒なら自分の長所が「どう活躍できるか」の手がかりになります。


どうしても難しい場合は、想像でも、活躍する自信がもてなくても問題ありません。「志望先での自分の活かし方を考えてきた」という事実自体が、熱意ある姿勢のアピールにつながるからです。


④将来のビジョン

将来の目標やキャリアプランを説明できると、志望動機全体の説得力が増します。


採用側が求める人材は「長く活躍してくれる人」です。将来のビジョンを話せると、先を見据えて考えている分、長く働いてくれそうだという印象も与えられるでしょう。


また、長期的な目標があると、自分自身の大きなモチベーション、向上心にも繋がります。これまでに将来のビジョンを考えたことがなかったという方は、この機会にぜひ考えてみてください。


スカウトサービス登録はこちら

2.志望動機を書く際に気をつけるべきポイント

ここまで、志望動機に書くべき項目について解説してきました。ここからは、志望動機を書く際に気をつけるべきポイントを解説します。


求められる人物像をつかむ

まずは、採用側がどのような人材を求めているのかを押さえておく必要があります。


自己アピールの方向性を誤らないよう、社会福祉士の仕事内容や志望する施設の特徴をしっかり分析しましょう。


ちなみに社会福祉士の仕事のメインは、相談や連絡調整などのコミュニケーション業務であり、入所希望者や外部機関とやりとりする施設の「顔」となることです。


適切な長所をアピールする

「求められる人物像」を掴んだあとは、人物像にマッチする適切な長所をアピールしなければなりません。


例えば、コミュニケーション能力の高さや責任感、相手への共感力などです。それ以外にも社会福祉を学んだ経験や、あるいは知識や経験を蓄えていこうという知的好奇心の強さも長所になるでしょう。なぜなら社会福祉士は業務の幅が広く、さまざまな知見が求められる仕事だからです。


その他

志望動機はポジティブな表現で書くことが大切です。特に転職の場合は、志望動機が前職の悪口になってしまわないように注意しましょう。


また、なるべく具体的に、自分の言葉で伝えることが大切です。当たり障りのない志望動機では、採用担当者にあなたの人物像や熱意が伝わりません。


他にも、給料などの条件面を志望動機として述べるのも好ましくありません。今より給料が高い職場を見つければ、すぐに辞めてしまうのではないかと思われる可能性があるためです。志望先の理念や仕事への熱意を軸に、志望動機を組み立てましょう。


意外と見落としてしまうのが志望動機の「長さ」です。長すぎると結局何が言いたいのか伝わらず、短すぎると熱意が伝わりづらくなります。志望動機の適切な長さは1〜2分と言われています。タイマーで計るなどして調整しましょう。


スカウトサービス登録はこちら

3.志望動機の例文集①キャリア別

書くべき事柄と注意点がわかったところで、実際の例文を見ながら志望動機のイメージを具体化してみましょう。また多くの例文に触れることで、自分の志望動機について新たなヒントも見つかるかもしれません。


まずは未経験者、経験者、復職者というキャリアごとに例文を紹介します。


未経験の場合

【例文】

私は前職で介護福祉士として働く中で、利用者とのコミュニケーションに最もやりがいを感じていました。さらに対話の中で「あなたに話してよかった」などと感謝の言葉を頂くことも多く、自分の強みもまたコミュニケーションにおける傾聴力だと考えています。


長所である傾聴力を生かして、より利用者やそのご家族に寄り添うことができる社会福祉士になりたいと考えています。次の就職先として考える中で、「利用者のかゆいところに手が届くケア」を重視している御社を志望しました。


未経験者に重要な「なぜその仕事に就きたいのか」がわかりやすく説明できています。前職の具体的な経験を踏まえ、「より向いている業務に絞って活躍できそうなのが社会福祉士だった」という形でまとめているので、イメージも湧きやすいです。


経験者の場合

【例文】

前職の特別養護老人ホームでは、約100人近い入所者を自分一人で担当していました。また、相談業務以外の割合も高かったため、成長を実感できていた反面、一人ひとりの悩みを芯まで解決できていないのではないかというもどかしさがありました。


御社は少人数のデイサービスであるうえ、職員を充実させることで分業体制が整っている印象を受けています。御社でなら私が実現したいと考えている「一人ひとりに寄り添う仕事」ができると考え、志望いたしました。


経験者の転職では、前職の退職理由をポジティブに伝えることが重要になります。この志望動機における退職理由は一見ネガティブな印象もありますが、あくまでも「自分の理想(=目指している高み)の実現のために転職をしたい」という形で説明できているので問題はありません。


復職の場合

【例文】

前職は高齢者向けのデイサービスで働いていました。 相談業務以外にも幅広い業務を経験させていただき、施設の運営のための広い視野を養うことができました。自分のスキルアップにも繋がったと考えています。前職のように様々な業務に携わることにやりがいを感じていましたが、自身の妊娠・出産をきっかけに初めて「子どもの障がい」に目を向けるようになりました。


そこで今回の復職にあたり、前職で培った相談員としての経験や視野を活かしつつ、今度は障がいを抱えた子どもやそのご家族の悩みを助ける仕事がしてみたいと考え、御社を志望しました。


復職の際には、ブランクの期間がマイナスにならないことを伝える必要があります。


この志望動機では、妊娠・出産というブランクの中で子どもを見る目が養えたこと、さらに前職で培った強みを盛り込むことで、しっかり自分を採用するメリットをアピールできているでしょう。


スカウトサービス登録はこちら

4.志望動機の例文集②施設形態別

介護施設

【例文】

私が社会福祉士を目指した理由は、幼い頃に曽祖父の見舞いで訪れた老人ホームの社会福祉士の方に憧れているからです。その方は両親や祖父母だけでなく、幼い私に向けても、わかりやすい言葉で話をしてくれました。


曽祖父が穏やかに過ごしていること、私たちが帰った後は嬉しそうにその思い出を話すことをお話いただき、子どもながらに安心できたことを覚えています。


転職にあたりいくつか施設を見学させていただいた中で、特に御社は施設に訪れたご家族へのおもてなしを重視している印象を受けました。ここでなら私が理想とする社会福祉士を目指せると考え、御社を志望しました。


介護施設の社会福祉士は、利用者自身の相談に加え、利用者のご家族などの来客対応もメイン業務のひとつです。


この志望動機では「当時利用者の家族であった自分自身が社会福祉士に救われた」という経験を軸に、「現場ではなく、利用者の家族を含めてケアしたい」という形で、社会福祉士になりたい理由がしっかり説明できています。


医療機関

【例文】

母が長期の入院に臨む際、金銭面などで不安を感じていた私たち家族を支えてくださったのが社会福祉士の方でした。


難しい保険制度などを噛み砕いて説明してくださったほか、入退院がスムーズに行えるようサポートもしていただき、医師や看護師とは異なった形で患者を深く支えられる仕事があることに感銘を受けました。


また私には、生まれ育ってきたこの地域に貢献したいという愛着もあります。地域に根ざした病院で社会福祉士として働くことで、患者や家族、ひいては地域全体のサポートがしたいと考え御社を志望しました。


医療機関で働く社会福祉士はMSWと呼ばれ、患者様やご家族との相談や入退院の援助を行います。この志望動機からは、MSWの業務への理解がしっかり伝わります。


また病院は地域の誰もが一度はお世話になる場所ですから、地域社会へ貢献したいという想いにも一貫性があります。


さらに、自分の経験をもとに「なぜ看護師や事務ではないのか?」を説明できている点もよいでしょう。


福祉施設

【例文】

障がい者支援施設で働いていた父の影響で小さい頃から障がいのある方と接する機会が多く、おかげで私自身は障がいのある方への偏見をもたずに育ちました。しかし友人をはじめ周りを見渡すと、まだまだ障がいのある方にとっては生きづらさに満ちた世の中だと感じます。


そのギャップを目にしてきた私だからこそ、内外の橋渡し役である社会福祉士として御社の役に立てるのではないかと考え、志望しました。


「福祉施設」は障がい者支援施設、児童相談所など多岐にわたります。志望動機を書き出す前に、それぞれの施設の役割と、そこでの社会福祉士の仕事内容を念入りに調べましょう。


この志望動機では人生経験がそのまま強みになっていますが、実際に過去を振り返ると思わぬ強みが見つかることがあります。


また「社会福祉士=橋渡し役」という業務理解が示せている点も評価できるポイントです。


スカウトサービス登録はこちら

5.志望動機の添削例

ここでは、よくある志望動機のNG例を紹介しつつ、そのNG例文を添削していきます。


実際に志望動機が添削される様子を見ることで、同じ失敗をする可能性がなくなり、自分の志望動機を客観的な視点から修正することができるでしょう。


NG例①要素の不足

まずは、志望動機に書くべき要素が抜けているNG例の紹介です。


NG例

私は高校時代に参加した老人ホームでのボランティア活動をきっかけに、介護業界での仕事に興味をもちました。


自分の言葉や行動ひとつで目の前の相手を幸せにでき、さらに返ってくる「ありがとう」の言葉で自分自身も幸せになれることに大きなやりがいを感じたからです。


その中でも特に、相談という業務を通じて利用者や家族に寄り添い、悩みを解決していく社会福祉士になりたいと考え、御社を志望しました。


NGポイント

    この志望動機のNGポイントは、まず以下の2点。


  • 介護業界の中でも「なぜ社会福祉士か」を伝えていない
  • 数ある施設の中で「なぜその施設か」を伝えていない

  • 冒頭で紹介した「書くべき項目」が書かれていないため、説得力に欠ける印象です。また、さらに説得力を増すには、


  • 「自分の強み」を盛り込めていない

点も改善したいところです。


修正例

上記の点を踏まえて志望動機を修正すると、以下のようになります。


私は高校時代に参加した老人ホームでのボランティア活動をきっかけに、介護業界での仕事に興味をもちました。自分の言葉や行動ひとつで目の前の相手を幸せにでき、さらに返ってくる「ありがとう」の言葉で自分自身も幸せになれることに大きなやりがいを感じたからです。


また人生を振り返って自分の強みを考えたとき、それは「相手に寄り添えること」ではないかと考えました。昔から周りの人に相談されることが多く、私自身もまた、そのような形で人に頼られることに喜びを感じていたからです。


以上の理由から、相談という業務を通じて利用者や家族に寄り添い、悩みを解決していく社会福祉士になりたいと考えました。中でも「常に利用者の立場に立ったサービスを提供する」という理念に共感したことから御社を志望しました。


NG例②具体性の不足

次に紹介するNG例は、具体性に欠けている(=抽象的な)志望動機です。


NG例

私は特別養護老人ホームの介護職員として、3年ほど利用者の介助業務に従事してきました。その中で生活相談員の方と相談・連携しながら業務に取り組むうちに、私も介護職員ではなく、生活相談員として介護の現場に携わりたいと考えるようになりました。


これまで介護職員として学んだ知識や経験を活かしながら、生活相談員としてさらに貢献できるよう努めたいと考えております。


NGポイント

どこが抽象的なのかみていきましょう。まずは、転職に至るまでの経緯が抽象的です。実際にどのようなきっかけや気持ちの変化があり、転職に至ったのかがわかりません。


また、介護職員として学んだ知識や経験が抽象的です。何を学んでどう活かしたいのかを書くようにしましょう。


最後に、「なぜその施設か」を伝えていない点も例①と同様、改善すべきポイントです。


修正例

これらのNGポイントを踏まえたうえで、次の修正例をみていきましょう。


私は特別養護老人ホームの介護職員として、3年ほど利用者の介助業務に従事してきました。その中で、生活相談員の方と相談・連携しながら業務に取り組むうちに、他職種、外部と連携することで、利用者だけでなく現場の職員のことも助けてくれる社会福祉士という仕事に憧れを抱くようになり、私も介護職員ではなく、生活相談員として介護の現場に携わりたいと考えるようになりました。


利用者と最も近い位置で接し続けることで培った利用者とのコミュニケーション力や、現場にいたからこそわかる職員の悩みや改善点など、これまで介護職員として学んだ知識や経験を活かしながら、社会福祉士としてさらに貢献できるよう努めたいと考えております。


スカウトサービス登録はこちら

6.志望動機が見つからないときは?

これまで志望動機のNG例や例文集を紹介してきましたが、それでも書くべき内容がわからない方もいらっしゃるでしょうここでは、志望動機を書き始められないと悩む方へいくつかコツを紹介します。具体的には、以下のコツを押さえながら書き進めてみてください。


  • 箇条書きで想いを書き出す
  • 志望先について徹底的に調べる
  • 両親や友達に相談してみる

ひとつずつ解説します。


箇条書きで想いを書き出す

志望動機が見つからないという方は、一度、箇条書きで想いを全て書き出してみることをおすすめします。社会福祉士を目指すという大変な道のりを歩むには、必ず何かきっかけや想いがあったはずです。些細なことでもよいので、過去の経験や気持ちを振り返りながら思いついた言葉を書き出していくと、そこから志望動機として話せることが見えてくるかもしれません。


本記事で紹介した注意点などは気にせず、まずはお給料や安定感など、抽象的なことから何でも書き出して問題ありません。記憶を辿るうちに、数ある仕事の中でなぜ社会福祉士を選んだのかが見えてくるでしょう。


志望先について徹底的に調べる

次に、志望先について徹底的に調べるのも一つの方法です。志望先に共感できると、志望動機も書きやすくなります。HPや資料から施設の理念、職員インタビューなどを読み、共感できるポイントを探してみましょう。


また、得た情報について深く考えることも大切です。給与の高さなども、職員を大事にしたいという理念の表れかもしれません。



両親や友達に相談してみる

もちろん両親や友達に相談してみるのも一つの手です。両親は昔からの自分を知っている唯一の存在です。自分自身も覚えていないような記憶からヒントをもらえる可能性もあります。


また、友達の志望動機をそのまま聞いてみるのもよいでしょう。立場が近い分、参考になる部分も多くあるはずです。話を聞いてもらうだけでも自分の頭の整理になるので、まずは身構えず話してみるのがおすすめです。


スカウトサービス登録はこちら

7.まとめ

本記事では、社会福祉士の志望動機の書き方やNG例、志望動機の見つけ方などを解説してきました。


これまでの内容をおさらいすると、志望動機に必要な要素は


  • 資格を取得したきっかけ
  • 特にその施設を志望する理由
  • 自分を採用するメリット
  • 将来のビジョン

上記の4つです。


志望動機が見つからないときは、とにかく箇条書きなどで書き出したり、両親や友達たちに相談してみたりすることをおすすめします。社会福祉士は大変な仕事である以上にやりがいのある仕事です。望み通りの職場への転職が叶うように応援しています。


コメディカルドットコムでは、社会福祉士の優良求人を多く掲載しています。興味を持った方はぜひ一度ご覧ください。


コメディカルドットコムは
プロフィールを登録しておくだけで
事業所からスカウトがくる!
※個人が特定される情報は事業所側から閲覧不可
  • スカウト経由で内定率2.3倍
  • 希望に合った求人”だけ”を厳選してお届け!
  • 「就業応援制度」で最大50,000円進呈
今すぐ無料登録


セカンドラボ株式会社

URL:https://www.2ndlabo.co.jp/

2022年4月よりセカンドラボ株式会社に入社。主に介護施設を中心に医療介護向け求人メディア「コメディカルドットコム」の営業・採用課題のサポートを行う。

PAGE TOP