転職活動における情報収集の手段です!

掲載求人数20734

  1. キープ

求人情報ツール一覧

医療機関の研究や情報収集から本格的な転職活動がスタートします。新卒の時は学校からの指導がありますが、転職の場合は自分で積極的に行動していく必要があります。在職中であれば現在の業務をこなしながらの作業になりますので楽ではありません。そこで、限られた時間の中で情報収集する必要がありますので、自分に合った求人情報ツールを効率的に活用することが重要です。

1.求人情報サイト

いつでもどこでも探せる

在職中で時間や場所が制限される人にとっては、24時間どこからでもアクセス可能な求人情報サイトはとても相性の良いツールです。担当業務や施設形態などの細かい条件で検索をかけることができますので、自分の希望に合わせた探し方ができるのもの魅力的です。求人施設の特徴や募集条件などを確認しながら、良さそうな求人をピックアップしていきましょう。

2.新聞折り込み

情報の鮮度が高い

新聞の折り込み広告の中には、身近で新鮮な情報が隠れている事もちらほら。新聞によって求人の種類は違いますが、仕事を探すという目的だけではなく新聞を読むという習慣は幅広い知識を得るためにも良い事ではあります。職種に絞った探し方ではないので、あくまで補助的な方法として捉えておきましょう。

3.口コミ

リアルな声が聞ける

同じ医療業界で働いている知人・友人から話を聞くというのも、有効な情報収集の手段です。文字だけの情報ではなく、細かいニュアンスまで聞く事ができますが、もちろん当人の主観が入りますので参考程度にさせて貰いましょう。また、同時期に転職する友人がいればお互い情報交換をして、転職の流れや面接対策などを話し合うのも良いかもしれませんね。

4.人材紹介会社

転職の専門家によるフォロー

転職エージェントとも呼ばれる、求人施設と転職者の架け橋となる民間企業のサービスです。基本的に無料で利用でき、職種に絞った専門性の高い会社であれば、経験豊富なコンサルタントから価値ある情報を聞く事ができるかもしれません。しかし人材紹介会社の数は多く、その中から良い会社を選び抜く事はたやすくはありません。

PAGE TOP