履歴書の作成方法をステップ毎に説明します!

掲載求人数19355

履歴書の書き方

1.提出年月日

履歴書の上の部分には日付を記入する欄があります。郵送の場合はポストに投函した日付を、持参する場合はその当日の日付を記入します。年号は西暦では無く元号を使用するのが一般的です。

2.写真

履歴書で最初に目を引く部分が写真です。自分の第一印象を左右しますので、清潔感のあるシャキっとした写真を使いましょう。後で写真がはがれてしまわないように、しっかりとのり付けしましょう。

3.氏名・押印

履歴書を書き損じてしまうのはよくある事ですよね。中でも名前が曲がってしまったり、印鑑がかすれてしまったりというパターンが非常に多いので、履歴書を書くときは最初に名前と押印から始めるのをオススメします。

4.現住所

現住所の記入は省略せずに都道府県から書くのがマナーです。建物の名称や部屋番号まで省略することなく正式な住所を記入しましょう。

5.学歴

義務教育である小・中学校の学歴については卒業年次だけ記入すればOKで、小学校については省略も可能です。また、国公立なのか私立なのかも明記する必要があります。高等学校以上の学歴に関しては、入学年次と卒業年次の両方を記入します。その際には学部・学科・専攻名まで正式名称を記入しましょう。

6.職歴

原則的に職歴欄には全ての入職・退職履歴を記入しますが、学生時代のアルバイトなどは記入しないのが一般的です。

7.免許・資格

現在持っている免許・資格を取得年次順に記入します。資格名は省略せずに正式名称で記入しましょう。

8.志望動機

この欄に記入した内容が、実際に面接時の話題になる可能性は非常に高いです。応募先に対する熱意や、仕事への意気込みを感じさせるような動機を記入しましょう。

9.本人希望記入欄

履歴書には大体この記入欄が設けられています。どうしても伝えておきたい配属の希望などはOKですが、給料や残業などについての希望をそのまま書くのは得策ではありません。最近ではやる気をアピールする為の自己PR欄として使われる事も多いです。

PAGE TOP