直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数109716

豆知識 30906view

看護師の大変なことTop5|人間関係、超過勤務等の理由とその解決法を紹介!

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:漆間 幸治

看護師には大変なことがつきものですが、皆さんは「大変」と聞いて何を思い浮かべますか?忙しさや、責任の重さなど、現場で「大変」と思うことは常にたくさんありますよね。今回はそんな「大変」なことを退職理由から上位5つをピックアップ。きっとみなさんにとっても納得いくもののはず。それらの解決方法も紹介しますので、是非参考に自分の環境を改善してみてください。

目次



看護師が思う大変なことTop5!ランクインしたのは人間関係や超過勤務など

まずは退職経験がある看護師の理由Top5を見てみましょう。

1位.出産・育児のため
2位.結婚のため
3位.他施設への興味
4位.人間関係が良くない
5位.超過勤務が多い

意外にも、私生活の転機がワンツーフィニッシュを決めており、3位にもポジティブな理由が入っています。では先程のランキングの中からネガティブな理由の上位5つをピックアップしてみましょう。

1位 人間関係がよくないから
2位 超過勤務が多いため
3位 通勤が困難なため
4位 休暇がとれない・とりづらいため
5位 夜勤の負担が大きいため

以上の5つになりました。 退職に至る程の大きな動機。看護師の業務上における大変なことと言ってもいいでしょう。ではそれぞれを詳しく見てみましょう。


大変なことはこうして起こる……理由ごとのしくみを紹介

人間関係が良くない

看護師という職種は過酷な仕事です。後ほど出てくる理由にもありますが、休みづらく、夜勤も負担が大きいです。その影響は心身にも大きく現れてきます。

頭も体も疲れて上手く動かない……。そんな状況で働くことになるため、ミスも当然出てきやすくなります。ですが看護師の仕事ではミス一つが患者の命に関わることも珍しくありません。当然厳しく指導しなければいけないですが、指導する立場もミスした側も、相手を慮れない心身の状態です。その結果お互いに悪感情を募らせる悪循環に陥ってしまいます。

加えて、女性がほとんどを占める独特の環境は、同性同士であるゆえにできないということに対して厳しく見てしまいがちです。 加えて患者対応や医師からの無茶な指示など、ストレスが溜まる要因はたくさんあります。

こういった独特の環境に慣れるまでは、関係性のことに気を使う余裕も生まれづらいことでしょう。


超過勤務が多い

慢性期のように、病状が比較的落ち着いた方ばかりであれば、予定も立てやすいかもしれません。ですが、患者の病状は人それぞれです。急性期であればもちろんですが、慢性期でも急変は起こります。

そのため、業務のパターン化ということは不可能に近いです。その影響もあり、看護師の勤務時間は超過することが非常に多くなっています。

さらに後述しますが、医療業界は常に人手不足に見舞われています。そのため、不測の事態が立て続けに起こってしまうと、すぐにパンクしてしまう現状があります。

それでも余分に人員を配置する余裕は病院にも無いため、一人ひとりの負担が増え、超過勤務として表れてしまうのです。


通勤が困難

看護師は新卒の場合、多くは病院に勤務することが多いと思います。人材不足とはいえ、通いやすい病院となってくると、人気も高いため、通勤に悩みを持っている看護師も少なくないようです。

病院の目の前にバス停があることも多く、基本的にはアクセスは考えられている病院ですが、乗り継ぎなども増える分、通勤時間は長くなりがち。日常的にきつい業務が多いため、なるべく早く帰宅したいところでしょう。

ただし通勤しやすい=受診しやすいということでもありますので、患者も多く、業務量も多くなり傾向にあります。それを踏まえたバランスを上手く見極めていきたいところですが、就職時にそこまで見極めることは簡単ではないでしょう。
結果的に通勤に難を抱えてしまうケースとなっているようです。


休暇が取れない・取りづらい

先程も書いたとおり、医療業界は常に人手不足です。特に病院では基本的な財源が診療報酬です。その振り分けによりますが、現状経営に余裕がある病院というのはとても少なくなっており、なんと全国の約54%の病院が赤字になっています。その結果、人件費に割く費用を削らざるを得なくなっており、人員が不足してしまいます。結果として休暇等で人員を減らす余裕もなくなってしまっています。加えて、人材を確保するために、施設側が各種サービスに支払う費用が大きいことも問題の一つになっています。


夜勤の負担が大きい

入院施設を持っている病院や、24時間体制の看護が必要な施設に勤務している看護師は、ほぼ必ず夜勤が発生します。
夜勤時は看護体制の基準が緩和されるため、一人ひとりが担当する業務量が大きく増えてきます。それだけでなく、一つ一つの業務への責任も大きくなります。

休憩時間もしっかりと設定されていますが、院内の状況によっては取れないこともままあります。そんな夜勤が珍しくないため、負担の大きさを多くの看護師が感じています。
本来、人間の活動する時間としても適していないため、生理的にもその辛さは当然のことと言えるでしょう。


悩みを解決するにはどうすれば?思い切ってやめてしまうのも一つの手段

一番手っ取り早いのは看護師をやめてしまうことです。ですが、その前にできることからまずは始めてみましょう。


同僚・上司に相談する

同じ職場にいれば自分が抱えている悩みも相談しやすいでしょう。特に自分から見てイキイキしている人には要注目です。

同じ環境なのに楽しそうであれば何かしらの秘訣があるはずです。同様に、職場の先輩にも積極的に話を聞いてみましょう。自分が経験したことを経て、なお続けている先輩はいわば生き字引です。
どの様に乗り越えてきたか、自分の境遇に共感して、親身に対応してくれることもあるはずです。


異動申請する

今の職場が辛いのは、もしかしたらその科特有の業務のせいかもしれません。例えばケアミックス病院で急性期と療養病棟が混在しているなら、忙しい急性期から、経験を生かして、一人ひとりに向き合う療養病棟に移動する、というのも一つの手です。

業務は理解できているけど、まだ慣れていなくて効率よくこなせない等、異動することで自分の弱みを自覚できることもあります。


最終手段の転職

どうしても勤務継続が難しい、改善するためにも動けないと感じたなら、働く場所を変えてしまいましょう。必ず希望の職場になるという保証はないため、リスクを追うことは確かですが、架け続けたストレスは心身ともに影響を及ぼし、働くどころではないリスクもあります。

頑張って入職した現在の職場を捨てる覚悟ができたなら、思い切って動くべきです。ただし安易に動くのは危険ですので、まずは自分が望む条件などを明確にして、転職に向けての準備を進めましょう。


 転職する時は事前にどんな求人があるか見てみよう!


大変な理由はたくさんある……それでも続けるのが看護師という仕事

ここまで看護師が大変なことばかりを紹介してきましたが、ここで最初のランキングを再び見てみましょう

1位.出産・育児のため
2位.結婚のため
3位.他施設への興味
4位.人間関係が良くない
5位.超過勤務が多い

退職理由として挙がってくる理由の上位3つがポジティブな理由なのは見ての通り。
つまり、ネガティブな理由では退職の決め手になりづらいということです。出産や結婚という私生活の転機で、勤務継続が困難になって、初めて退職している人が最も多くを占めているのです。

3位に入っている「他施設への興味」に限ってしまえば=他でも看護師として働きたいとも読み取れるでしょう。先にも述べた大変なことはどんな施設でも起こっていることです。

それでも看護師であることを望む人が多いということは、それだけ看護師という職業は魅力的だということです。
何より、やめようか「迷って」検索しているあなたも、その魅力を感じているのではないでしょうか。


看護師を続けるためにもできることからやってみよう
転職という選択肢も前向きに考えるなら大いにアリ

看護師は大変という言葉はもはや=で結ばれるほど浸透してきました。耐えられなく、やめてしまうというのもしょうがないことだと思います。

ですが、それでも憧れる人が絶えないのはそれほどのやりがいがあるということです。辛いことも多いですが、やりがいを持って働くことのできる看護師。そんな看護師をやめないためにも、いま大変と感じる悩みを少しでも解消させ、長く看護師として働けるように、今の環境を改善していきましょう。

まずは自分が何に苦しんでいるのかをしっかり把握することが大事です。それがわかったら身近な人に相談してみましょう。解消のヒントが得られるかもしれません。

それでもダメなら今の施設で異動が可能なら申請してみましょう。自分にあった環境に出会えるかもしれませんし、自分に足りないものがわかって、悩みが解消するかもしれません。

それでもダメなら転職です。ここまでくれば自分が何を求めているかわかってきたはずです。その条件に合った職場を探して環境を根本から変えてみましょう。

もちろん手っ取り早く転職を決めるのもおすすめです。少しでも早く自分に適した環境で看護師として働けるという点に置いてはベストな選択とも言えます。
どちらにせよ、まずは自分の望む環境があるか調べることから始めてみましょう。

PAGE TOP