直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数138450

豆知識 37705view

介護士の離職率は高いって本当?他職種との比較、主な離職理由・課題について

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:藤田 真央理

介護士は離職率が高いというイメージを持っていませんか? そこで、介護が長く続けられる仕事か判断できるよう、介護士の離職率や離職理由、転職の際の注意点についてまとめました。もしかすると、介護士の仕事に対するイメージが少し変わるかもしれません。

介護士の離職率の実態と他職種との比較

介護労働安定センターの平成29年度「介護労働実態調査」によると、介護士の離職率は年間で16.2%でした。厚生労働省の雇用動向調査結果の概況では、他の職種の平均離職率は年間で14.9%。平均からすると少し高い数値となっていますが、大きな差はないことがわかります。つまり、介護士の離職率は他の業種と比べて極めて高いわけではないようです。

ちなみに、この調査では宿泊業・飲食サービス業の離職率は30%、生活関連サービス業・娯楽業は22.1%という結果が出ています。これらの職種と比較すると、介護士の離職率は下回っており、多くの方が持つイメージほど高くないのです。

介護士の離職理由3選

介護職を離職する方の理由は様々です。とはいえ、長く続けられる職業として介護職を選ぶのであれば、どのような理由で離職する方が多いのかは知っておきたいもの。離職理由の中でも比較的多い3つをご紹介します。

・職場の人間関係
・不規則な勤務形態
・給与が低い

職場の人間関係

離職理由として、職場の人間関係をあげる方は多いです。これは、介護職に限った問題ではありません。ただ、介護職は自分のペースで黙々とこなすというよりは、様々な職種がチームとなって1人の利用者さんを支援する仕事です。そこで、人間関係が大切な要素としてあげられるのです。

例えば、介護施設に勤務する場合は、複数の職員が複数の利用者さんを同時に見ながらケアを進めるため、互いに協力しあうことが不可欠。介護度が高い方の身体介護であれば、2人以上で行うことも珍しくありません。そのため、普段から周りの方とのコミュニケーションが上手くとれないと、仕事を円滑に進めることができず、良いケアにはつながらないのです。

一方で、コミュニケーションの必要な仕事だからこそ、スタッフ間の良好な関係が魅力の事業所もあります。人間関係が不安な場合は、このような事業所を中心的にチェックするのがおすすめです。

給与が安い

介護職は「キツい割りに給与が安い」というイメージを持つ方も多いでしょう。実際、他の職種に比べると給与が低い傾向にあるのは確かです。しかしそれは、介護職ならではの特徴も影響しています。

介護職は、未経験や無資格から始めて、徐々にキャリアアップする方が多い職種です。そのため、初めのうちは給与が低いケースも確かにあります。しかし、経験年数や資格取得等により、給与アップが見込める魅力的な仕事なのです。

また、介護職の処遇については、これまでも何度も改善策が講じられ、徐々にではありますが年収アップにつながってきています。2017年の「会社四季報 業界地図」では、介護職の平均年収は361万円でしたが、翌年には395万円にアップ。1年の間に34万円も増加し、待遇面での改善が進められていることがわかります。この値を今の収入と比較して、疑問が残るようであれば、高収入の事業所を探してもよいでしょう。

不規則な職場環境

介護職は職場にもよりますが、不規則な勤務体系で働かざるを得ないこともあります。入所施設の場合は24時間体制。夜勤や早出、遅出などのシフト勤務になるのは仕方のないことでしょう。

夜勤が多い場合ですと、手当がつく喜びを感じられる方もいらっしゃいますが、生活リズムが整いにくいため、体力的に負担が大きいと感じる方もいることでしょう。体が資本のお仕事でもあるため、無理をすることに抵抗があるのは、当然かもしれません。

介護の仕事は続けたいが、不規則勤務は辛いという場合は、日勤帯のみサービスを提供する通所系の事業所や訪問系の事業所に転職する手段も。自身のライフスタイルに合いそうな職場が見つかるかもしれません。

介護士の離職の現状と課題

介護職の離職率が他の職種に比べて極めて高いわけではないとはいえ、やはり実態が気になるところ。具体的に、今現在介護士の離職がどのような問題をもたらし、どのような対策が講じられているのか知っておくことも大切です。

慢性的な人手不足

介護に関わる人材は、高齢者の割合に反比例して、慢性的な不足が続いていると言われています。

内閣府の平成30年版「高齢社会白書」によると、高齢者(65歳以上)の割合は3,515万人にものぼり、総人口に対して占める割合は、27.7%。つまり、日本に住む方の4人に1人以上は65歳以上ということです。

少子高齢化の中、今後も高齢者の割合は増加傾向にあるため、介護に関わる人材の確保はさらに深刻化する可能性があります。

介護職員処遇改善加算の新設

介護職員処遇改善加算は、介護職の労働環境を改善するために設けられたもので、条件を満たした事業所に対して介護職員の賃金改善のためのお金が支給される加算です。事業所が、職員のためにキャリアアップの仕組みを作ったり、職場環境の改善を実施したりすることなどが条件となり、具体的に細かく定められています。

介護職員処遇改善加算は5区分(加算Ⅰ~Ⅴ)に分かれており、加算Ⅰが最も要件が厳しい分、加算点数も多いです。区分によりそれぞれ要件が異なり、もらえる加算点数は上下するため、職場や事業所によって介護職員処遇改善加算として支給される額も変動します。

このように、国は介護職員の処遇改善に向けて動いています。給与面がネックで転職を考えている方は、こうした点も参考にしてみてはいかがでしょうか。

介護士に転職する際の押さえておくべきポイント

これから介護士への転職を目指す方は、いくつかのポイントを押さえておきましょう。まず、多くの方は求人情報を参考に職場選びを始めるでしょう。しかし、職場の雰囲気や特徴は、求人情報のみで掴むには限界があることも。

介護職の離職理由として多い、職場の人間関係や給与、勤務時間についての疑問は、見学やセミナーに参加することで解消しやすくなります。転職先を即決するには不安を残すようであれば、このような機会を利用するのがおすすめです。

介護職の離職率は高くない!ただ、現状に不満がある場合は転職という手段も視野に

介護士の離職率や離職理由についてご紹介しました。介護士の離職率は16.2%で、他の職種と比較しても平均値な数値であり、極めて高いというわけではありません。

離職の主な理由については、人間関係や不規則な勤務形態、給与が安いという点。しかし、給与については1年間で34万円増加しており、今後改善される可能性があります。自分の生活リズムに合った職場を見つけることで、長く勤め続けられる可能性も高まると言えるでしょう。

「これから、介護職に勤めたい」「現職だけれども、なんだか不満がある」という方は、参考までに求人を出している事業所をチェックしてみましょう。希望通りのお仕事が見つかるかもしれません。


セカンドラボ株式会社 HR Solution Div.

URL:https://www.wantedly.com/id/maori_fujita

2019年4月よりセカンドラボ株式会社に入社。主に介護施設を中心に医療介護向け求人メディア「コメディカルドットコム」の営業・採用課題のサポートを行う。その後チームメンバーのマネジメント・ビジネス拡大のための戦略の策定などの業務をメインに担当。

PAGE TOP