直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128308

豆知識 220view

デイケアはデイサービスとどう違う?仕事内容や求められるスキルなどを紹介

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:漆間 幸治

通所リハビリテーション、通称「デイケア」。名前が似ている介護サービスに「デイサービス」がありますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。
また、働き方や給与面についても気になる方がいらっしゃると思います。どちらも通所であるという大きな括りにありますが、デイケアとは明確な違いがあることをご存知でしょうか。
今回はそれらについて解説しつつ、仕事内容や勤務環境などについても紹介していきます。

目次



利用者の心身機能の維持回復を図る通所リハビリテーション

まずは、通所リハビリテーション(デイケア)と通所介護(デイサービス)について解説していきます。それぞれの役割や目的を知ることで、明確な違いがわかるようになるでしょう。


通所リハビリテーション(デイケア)

デイケアとは、普段は自宅などで生活している方が、定期的に病院や介護老人保健施設などに通ってリハビリを受けることができる施設のことです。


主な目的として、利用者の心身機能の維持、改善を図るリハビリがメインで、その他の日常生活上で必要な介護サービス提供を行なっています。デイサービスとの違いは、理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門職が配置されていることです。

目的:利用者の心身機能の維持回復を図ること

実施内容:理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーション

配置基準:専任の常勤医師1名以上、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を単位ごとに利用者100人に1名以上

出典:厚生労働省「通所リハビリテーション」


通所介護(デイサービス)

デイサービスは、利用者の心身機能の維持や向上などのために、施設に通って食事や運動、入浴、レクリエーション、送迎などのサービスを提供します。通いで受ける介護サービスといった点ではデイケアと同じです。しかし、デイサービスはリハビリに特化するよりも「日常生活の支援」といった側面が強いです。


また、利用者の社会的な孤立感の解消や利用者家族の身体的、精神的負担の軽減を目的として利用されることもあります。近年では、リハビリに力を入れているデイサービスもあり、その場合は理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門職が常駐している施設も多いです。

目的:利用者の社会的孤立感の解消、心身の機能の維持、利用者家族の身体的及び精神的負担の軽減を図ること

実施内容:必要な日常生活の世話及び機能訓練を行うこと

配置基準:機能訓練指導員 1名以上

出典:厚生労働省「通所リハビリテーション」


デイサービスの仕事内容は?給料やメリットなども解説!

送迎車で利用者さん宅まで送り迎えを行い、基本的に日帰りで介護サービスを提供するデイサービス。「そもそもデイサー

詳細を見る

デイケアでの仕事内容

デイケアには、さまざまな専門職が常駐していますが、ここでは介護士が行う仕事内容について解説します。


身体介助

デイケアはリハビリに特化した施設でもあり、一般的な介護サービスを提供するのも仕事内容の一つです。
介護士がデイケアで行う身体介助は、

食事介助

排泄介助

入浴介助

口腔ケア

移動時の介助

付き添い

服薬介助

見守り


などがあり、リハビリ目的でもあるので介護度が低い方も多く、身体介助の負担は少ない傾向にあります。


レクリエーション

内容はデイサービスと大きく異なる点はなく、体操やゲーム、絵画、書道、工芸など種類は多岐に渡ります。


利用者の送迎

デイケアでは、施設を利用する方の送迎を介護士が行うことも多いです。社用車を使用して送迎するのが一般的で、その際は運転免許が必須になります。


そのため、普段から車の運転に慣れている必要があり、「慣れていない」「免許を持っていない」方は、求人票の資格要件を確認しておくと良いでしょう。


リハビリの補助

メインのリハビリ業務は、医師の指示をもとに理学療法士や作業療法士といった専門職が実施します。介護士は、その補助的な業務を担うことも多く、介護業務以外の仕事があるのも特徴です。


健康状態のチェック

デイケアでは、医療的なケアを医師や看護師が実施します。介護士は利用者の様子観察を行い、バイタルチェックや普段とは異なる状態が見られた際に医師や看護師に報告・相談することも大事な仕事です。


デイケアでは何をする?介護職員の一日を紹介!

介護士の方が、デイケアでどのような1日を過ごしているのかをタイムスケジュールで紹介します。
また、介護士以外の専門職の仕事内容も解説するので、仕事のイメージを掴むための参考にしてください。


デイケアで過ごす一日はこんな流れ

介護士がデイケアで過ごす一日の流れは以下の通りです。


【タイムスケジュール例】

08:00 出勤、利用者情報の把握・共有、1日のスケジュールを確認
08:30 利用者の送迎
09:00~ 健康状態の確認、入浴介助、リハビリの移動介助、リハビリプログラム実施の補助、トイレ誘導・排泄介助
12:00 昼食準備・片付け、食事介助、口腔ケア
13:00~ リハビリの移動介助、レクリエーション実施
15:00 利用の記録業務、トイレ誘導・排泄介助、利用者の帰宅準備
16:00 利用者の送迎
16:30 ミーティング、記録情報の整理
17:00 退勤

デイケアは夜勤がなく、土日、祝日も休みの場合が多いため、働きやすい環境にあります。また、上記のタイムスケジュールのように、リハビリ業務の補助があるのはデイサービスと大きく異なる点です。


デイケア職員の各業務も紹介!

デイケアは、介護士だけでなく下記の専門職たちが連携して利用者にサービスを提供しています。
それぞれの仕事内容を見ていきましょう。


医師

医師は、利用者の医学的管理やリハビリ計画書の作成を行います。リハビリ職員はこの計画書に沿ってリハビリを行うので、医師が指示・指導もします。


看護師(看護師、准看護師)

利用者のバイタルチェックや医療的ケアなどを行い、健康管理をするのが主な業務です。他にも、急変時の対応や服薬確認、配薬、怪我の応急処置などがあります。


セラピスト(理学療法士、作業療法士)

医師が作成したリハビリ計画書に沿ってリハビリ業務を行います。リハビリの中で利用者の評価を行い、必要であれば医師にリハビリ計画書の見直しを相談・報告をするのも業務の一つです。


デイケアの給料事情

厚生労働省が調査した資料をもとに、他の施設形態と比較しながらデイケアの平均的な給与額を紹介します。


  常勤職員 パート
デイケア 305,660円 122,870円
デイサービス 280,600円 109,710円
特養 350,430円 135,420円
老健 338,920円 131,500円
グループホーム 287,770円 132,920円

出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」


上記のように、デイケアの平均月収(常勤)は約30.5万程度で、デイサービスと比較すると約2.5万円高い給与額になっているのがわかります。デイケアの給与が、特養や老健と比べて低い理由は、夜勤がある特養と老健は夜勤手当が支給されるためです。デイケアは夜勤手当などが支給されない分、特養や老健などの入所施設と比較しても給与が少ない傾向にありますが、夜勤がないので身体的に負担が少ないのが特徴です。


また、体力的に自信がない、子育てやご家族の介護などが理由で家庭との両立がしやすい日勤帯の勤務を希望する方にとっては、働きやすい環境といえます。


デイケアで働くには?経験や資格は必要?

介護士としてデイケアで働く場合、必ずしも資格や経験は必要ありませんが、どちらかを持っていた方が転職活動の際には有利になります。


看護師や理学療法士などは業務の中で、医療的なケアやリハビリを行うので、専門資格は必須です。介護士としてスキルアップしたい、より良いサービスを提供したいと考えている方は、「初任者研修」「介護福祉士」の取得を目指すことをおすすめします。


また、資格や経験があれば、一定の知識やスキルを持った介護士として転職で有利になり、給与面でも無資格の方より大幅に上がることも多いです。


介護職員初任者研修とは?|6つのメリットや取得方法を詳しく解説

「初任者研修」というワードはみなさん一度は耳にしたことがあると思います。「介護職員初任者研修」は、介護士として

詳細を見る
【介護福祉士の基礎知識】資格取得方法やメリット、おすすめの職場とは?

介護福祉分野唯一の国家資格である「介護福祉士」。介護需要が高まっている現在、介護のスペシャリストとして現場のニー

詳細を見る

デイケアのやりがいとつらさ

デイケアを転職先の候補としてお考えの方は、働くやりがいとつらさを事前に知っておきましょう。デイケアで働くやりがいとつらさを知り、自身に向いているかを判断する材料にしてください。


やりがい

・元気になる姿を見届けられる

デイケアは、心身機能の改善、維持を目的としたリハビリ業務がメインなので、利用者の回復した姿を見ることができます。リハビリや介護を通して、利用者やご家族から感謝されることはやりがいに感じることでしょう。


・リハビリの経験を積むことができる

また、介護士はリハビリの補助だけでなく、レクリエーションなどを実施して利用者の笑顔を見ることもできます。他の専門職と連携しながら一緒に働くことで、介護やリハビリ、医療などの幅広い知識やスキルアップにもつながります。


・日勤のみの勤務

さらにデイケアは、特養や老健のような入所施設とは異なり夜勤がなく、日勤のみの勤務なのでライフワークバランスが取りやすいのも良い点です。


つらさ

・リハビリを軸にした身体介護がメイン

リハビリをメインとしているので、重度の介護を必要とする方は少ないですが、身体介助があるため身体的負担はあります。


・コミュニケーションが必要

また、他の専門職と連携しながら働くことになるので、報告や連絡は欠かせません。コミュニケーションをしっかり取ることが大事になり、苦手な方にはつらいと感じるでしょう。


・歯痒い思いをすることも

また、心身機能の維持や回復を目指して業務を行いますが、回復がかなわない場合は残念に思う場面もあります。利用者やご家族の気持ちに寄り添う気持ちがない方には、向いていない仕事になります。


デイケアは利用者の回復を見守れる介護施設

デイケアは自宅などで生活している方が、リハビリ目的で病院や施設などに定期的に通う施設のことです。介護士以外にも医師や看護師、セラピスト(理学療法士、作業療法士)などが常駐しているため、特養や有料老人ホームと比べても医療的な側面が大きい施設です。


そのため、よく混同されるデイサービスとは違い、リハビリの補助や医療的ケアのサポートをすることもあります。他職種との連携が必要になるので、その分大変になりますが、利用者の心身機能が回復して本人やご家族の喜ぶ姿を見るのはやりがいに感じるでしょう。


デイケアは、夜勤がなくライフワークバランスも取りやすい職場なので、転職先の候補として検討してみてはいかがでしょうか。



セカンドラボ株式会社

URL:https://www.2ndlabo.co.jp

2020年1月よりセカンドラボ株式会社に入社。医療・介護向け求人メディア「コメディカルドットコム」にて、2021年までは病院を対象に、現在は介護施設を中心に営業・採用課題のサポートを行う。

PAGE TOP