直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128592

豆知識 477view

訪問介護とは?仕事内容や給料、施設介護との比較点を紹介

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:福田 将也

利用者の自宅を訪問し、介護サービスを提供する訪問介護。その仕事内容について、あまり詳しく知らないという方は意外と多いのではないでしょうか。今回は訪問介護の仕事内容や1日の流れ、他の介護事業所とどんなところが異なるのかなど紹介していきます。

目次



1.そもそも訪問介護とは?

仕事内容について見ていく前に、まずは訪問介護の概要について確認しましょう。


訪問介護は、訪問介護員(ホームヘルパー)が主に利用者の自宅を訪問し、日常生活の援助や身体介護などの介護サービスを提供するサービス形態のことを指します。有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅への訪問を行っている場合は、利用者の居室へ訪問するケースもあります。また、高齢者だけを訪問の対象としているわけではなく、障害をお持ちの方を対象に行う訪問介護もあります。


どのケースも利用者と1対1になることが多いため、一人ひとりの状態や希望に合わせたサービスを提供できるという点が特徴です。


訪問介護に必要な資格

介護職として働く場合、基本的には資格は必要がなく、誰でも無資格・未経験で始めることが可能です。ただし、訪問介護事業所で働く場合は、「介護職員初任者研修」以上の資格を有している必要があります。これは利用者の身体に直接触れる「身体介護」業務を行う際に、「介護職員初任者研修」以上の資格が必要とされているためです。


施設介護の場合は「身体介護」以外の業務も多く発生するため人手不足をカバーするために無資格の方でも積極的に採用しているところが多いですが、「訪問介護」のは利用者と1対1で行われるサービスのため、「身体介護」を含めた幅広い業務に対応できる必要があります。

介護士の女性二人

介護職員初任者研修とは?|6つのメリットや取得方法を詳しく解説

「初任者研修」というワードはみなさん一度は耳にしたことがあると思います。「介護職員初任者研修」は、介護士と

詳細を見る

登録ヘルパーという働き方

訪問介護は、常勤・パートという雇用形態はもちろんありますが、他にも登録ヘルパーという働き方も存在します。これは、訪問介護事業所から直接雇用を受けるという形ではなく、「登録」という形で、働きたい勤務時間や曜日を指定して仕事を紹介してもらうという働き方です。


自分が働きたいと思った時間だけ働き、ライフスタイルに合わせて働き方をカスタマイズできるという点が大きなメリットです。隙間時間で働きたいという子育て世代の方には適した働き方ではないでしょうか。ただし、給料が発生するのは介護サービスを提供している時間のみで、移動時間などは一切給与が発生しないことがデメリットと言えます。


2.訪問介護の仕事内容

次に訪問介護の仕事内容を見ていきましょう。訪問介護の仕事は「身体介護」「生活援助」の大きく2つに分けることができます。


身体介護

身体介護は、以下の3点にあたる介護サービスのことを指します。


①利用者の身体に直接接触して行う介助サービス(そのために必要となる準備、後かたづけ等の一連の行為を含む)

②利用者の日常生活動作能力(ADL)や意欲の向上のために利用者と共に行う自立支援のためのサービス

③その他専門的知識・技術(介護を要する状態となった要因である心身の障害や疾病等に伴って必要となる特段の専門的配慮)をもって行う利用者の日常生活上・社会生活上のためのサービス


身体介護

食事介助

一人で食事が出来ない利用者の方に対し、利用者の食事のペースに合わせて食事ができるようサポートしていきます。ただ食べさせるだけでなく、食事内容の記録や食事後の歯磨きのお手伝い・義歯洗浄なども介助の一連です。また気管、食道等の神経や筋力の衰えからくる嚥下障害をお持ちの方がいるので、窒息や誤嚥をしてしまわないよう、細心の注意を払って介助に当たる必要があります。


入浴介助

入浴の準備(各種物品や浴室内準備)、衣服の脱ぎ着、浴室には一緒に入り体や頭を洗います。ヒートショックを起こさないよう浴槽やシャワーなどの温度、ケガにつながる利用者の転倒防止など注意すべき点が多い業務です。また、全身を観察できる機会が少ないため、入浴前・入浴中に体の状態を観察し、皮膚が乾燥していないか、傷がないかなどのチェックも行います。


排泄介助

トイレへの誘導、衣服の脱ぎ着、おむつ交換・清拭など、一連の排泄動作をお手伝いします。排泄物の状態をチェックし、利用者の健康観察も行います。衛生面に配慮することはもちろんですが、他人に自分の排泄を世話してもらうことは誰しも嫌だと言うことを理解し、「利用者の自尊心を傷つけない」「できるところは自分でやってもらう」など、利用者目線に立った介助が重要になります。


更衣介助

外出時や就寝時の衣服の着脱や着替えの介助を行います。皮膚の観察や転倒防止など、細心の注意が必要となる業務です。また、利用者の身体機能維持や尊厳を傷つけないよう、利用者ができることは自分でやってもらうようにし、できないところのみサポートする意識が大切です。


整容介助

身だしなみを整える介助を行います。具体的には、洗顔・整髪・爪切り・化粧などが挙げられます。身だしなみを整えることは、リフレッシュ効果や衛生面のケアという点はもちろんですが、生活のモチベーションの向上にもつながります。


服薬介助

利用者の方の薬を飲ませたり、薬がしっかり飲まれているかの管理や飲み忘れがないかなどの確認を行います。「いつ」「誰が」「何回」「何を」と気を配る点は多くあるので、誤薬・誤飲などに気をつけましょう。


体位変換

血行障害による感覚麻痺や褥瘡(床ずれ)予防として、同じ体勢で寝たきりの方を中心に定期的な体位変換を行います。


移乗、移動介助

「起きる」「座る」「立つ」などの動作が難しい方のために、ベッド・トイレ・車椅子までの移動の際の介助を行います。ベッドや車椅子などの介助に使用する機器の安全確認・メンテナンスを行うことも重要で、定期的なチェックを行うことも業務の一つです。


生活援助

生活援助は、身体介護とは反対に利用者の方には触れないで行う身の回りのお世話です。利用者の方のご自宅に訪問してお世話を行うので、下記のような生活援助を行う機会は多いかもしれません。


掃除、洗濯

買い物の代行から調理・片付けなどの援助を行います。利用者の好みの味付けに合わせながら、栄養面を考えた調理を行う必要があります。


調理・買い物

自力での買い物が難しい人に対して支援を行います。欲しいものを聞いて介助者が一人で買い物する場合と利用者と買い物に行き、支払いなど見守りを行う場合があります。施設の種類によっては買い物の支援は含まれないこともあります。


薬の受け取り

利用者の代わりに、薬局や病院などでの定期的な薬の受け取りを行います。


ベッドメイク

布団を干したりシーツの交換を行います。


訪問介護でやってはいけないこと

訪問介護で提供するサービスは、ケアマネジャーが事前に利用者の状態に合わせて作成したケアプランに基づいて実施する必要があり、ケアプランに明記されていないことは、利用者から急に要望されても実施してはいけません。利用者に対して適切なサービスが提供できているかどうかは定期的に評価を行い、ケアプランの変更の必要があればケアマネジャーと連携して対応します。


利用者本人以外の支援

利用者以外のためのサービス、例えば利用者以外の家族の食事調理、洗濯や利用者の居室以外の部屋の掃除などはできません。生活援助は家事代行サービスではないため、家事ができる介護者が同居している場合にも実施できません。


日常生活上必要のない行為

日常生活を送るうえで必要のない行為も行うことはできません。酒類などの嗜好品の購入や来客用のお買い物、1年間で数回しか実施しないような掃除などが例として挙げられます。


家事を逸脱する行為

引っ越しの準備・手伝いや法事への付き添いなど、家事と言えないような行為をお願いされたとしても実施することはできません。


医療行為

医師、歯科医師、看護師などの医療従事者以外の医療行為は禁止されているため、実施できません。医療行為ではないとされる医療関連行為の場合はヘルパーでも実施可能です。


【医療行為】服薬管理、褥瘡の処置、インスリン注射 など


【医療関連行為】爪切り、歯ブラシを使った口腔ケア、体温計測、耳垢の除去、一包化された内服薬による服薬介助 など


訪問介護の一日の流れ

正社員とパートで出社の必要があるか、直行直帰が可能か、1日の件数など大きく異なります。訪問件数については常勤でおおよそ5~6件程ですが、事業所によっては1日でそれ以上の件数を訪問するケースがあります。ここでは一般的な訪問介護事業所の常勤のスケジュールを参考に紹介します。

08:30 出社

09:00~09:30 移動

09:30~10:30 1件目の訪問(身体介助、生活援助の提供)

10:30~11:00 移動

11:00~12:00 2件目の訪問(身体介助、生活援助の提供)

12:00~13:00 休憩

13:00~13:30 移動

13:30~14:00 3件目の訪問(身体介助、生活援助の提供)

14:00~14:30 移動

14:30~15:30 4件目の訪問(身体介助、生活援助の提供)

15:30~16:00 移動

16:00~16:30 4件目の訪問(身体介助、生活援助の提供)

17:00 帰社

17:00~17:30 介護記録の作成・引継ぎ

17:30 業務終了


3.訪問介護の給料はどれくらい?

続いて訪問介護事業所の給料について解説していきます。常勤とパートそれぞれの給料について、他の施設形態と比較しながら見ていきましょう。


常勤

施設形態 平均給与額
全体 315,850円
訪問介護事業所 306,760円
介護老人福祉施設(特養) 350,430円
介護老人保健施設 338,920円
通所介護事業所 280,600円
小規模多機能型居宅介護事業所 287,980円

※平均給与額は、基本給(月額)+手当+一時金(10~3月支給金額の1/6)

出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」


令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、訪問介護事業所の平均給与額は306,760円となっており、特養や老健のような夜勤がある事業所と比べると、夜勤手当が出ない分低い金額になっています。訪問介護は夜勤がある事業所とない事業所があるため、夜勤がある事業所の場合は、夜勤手当次第では特養や老健と同程度の金額が出る場合もあるでしょう。


なお、訪問介護の場合は特養や老健などと比較すると、利用者の介護負担が比較的低いケースが多く、ある程度の給料と業務負担のバランスなどを考えたいという方には働きやすい職場といえるのではないでしょうか。


パート

施設形態 平均時給額
全体 1,110円
訪問介護事業所 1,270円
介護老人福祉施設(特養) 1,020円
介護老人保健施設 1,030円
通所介護事業所 1,000円
小規模多機能型居宅介護事業所 960円

出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」


同じく令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、訪問介護事業所の平均時給額は1,270円と、他のどの施設形態よりも高い数字になっています。資格によって時給額に差が出る事業所は多く、訪問介護は「介護職員初任者研修」資格が必要で、専門性の高いスキルや知識を求められるため、他施設と比較して、時給額が高いものになっていると考えられます。パートでも高い時給で働きたいという方には訪問介護事業所はオススメです。


4.訪問介護に向いている人とは?

訪問介護に向いている人はどんな方なのでしょうか。性格面や働き方の志向ごとにいくつか紹介していきます。


一人ひとりの利用者にしっかり向き合える人

訪問介護は基本的に利用者と1対1で接することが多く、その方に合わせた柔軟な介護サービスの提供が求められます。利用者の気持ちを汲み取ったり、サービス提供できる範囲内で希望を聞き、臨機応変に介護に取り組むことができる方は、訪問介護に向いていると言えるのではないでしょうか。


責任感が強い人

入所施設の場合は、同僚とサポートし合いながら介護に取り組んでいくことができますが、訪問介護は周囲の人がすぐにサポートに入ってくれる環境ではありません。その場ですぐ判断できる知識や技術を身につけておく必要はもちろんですが、一人でしっかり利用者のサポートをするという「責任感の強さ」が重要となります。


体力に自信がある人

訪問介護は1日4~5件の利用者の自宅を訪問し、その人に合わせた介護サービスの実施が必要で、常に身体を動かし続けています。また、疲れた素振りを見せることなく笑顔で介護を行うことが重要です。そのため、体力に自信をもって仕事に取り組むことができる人は訪問介護にうってつけと言えるのではないでしょうか。


時間に縛られず働きたい方

パートや登録ヘルパーのような働き方の場合ですが、訪問介護は「1日1件から勤務OK」など働き方に件数の縛りがなかったり、1日の勤務時間数が短い求人が多くあります。子育てや家庭の事情で長時間勤務することが難しい方や空いている時間にスポットで働きたいという方には、オススメの働き方です。


5.他の介護事業所とは何が違う?

訪問介護事業所と他の入所施設・通所施設とはどのような点が異なるのでしょうか。それぞれメリットやデメリットがあるので、その点に注意しながら訪問介護についてもう少し詳しく見ていきましょう。


自分一人での判断が多い

訪問介護は他の介護事業所と違い、利用者と1対1で接し介護サービスを提供する形です。そのため、緊急時の対応など重要な場面で自分一人の判断が多くなります。自分一人で判断できるだけの知識や介護技術を持っていないと、訪問介護で働くには苦労することが多くなるでしょう。


ただし、ケアプランの範囲内であれば、自分が理想とする介護サービスの提供に取り組みやすいという点がメリットとしてあげることができます。利用者それぞれにあった介護を実現していきたいという方は働きやすい職場ではないでしょうか。


ライフスタイルに合わせた勤務がしやすい

訪問介護は、日勤だけの事業所もあれば夜勤を伴う事業所もあります。常勤として働きたいのであれば、日勤のみの事業所で規則的なシフトで勤務していくことが良いと思いますし、高い給料を目指して夜勤をしながらしっかり稼いでいく働き方もあります。


また、パートの場合は1日の訪問件数や勤務時間を選んで働くことも可能です。登録ヘルパーとして、1日の隙間時間で訪問に行く方もいれば、子供の保育園や学校の時間に併せて数時間パートとして働くことができます。訪問介護は比較的自分のライフスタイルに合う働き方を見つけやすいと思います。



移動負担がある

訪問介護の特徴として、利用者の自宅を訪問するために自動車や自転車を使って「移動」する時間があります。人によっては、移動が負担になると感じる人もおり、入所や通所などの施設介護を選ぶ人もいるようです。


しかし、訪問介護事業所も訪問先は利用者の自宅だけとは限りません。有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに併設し、施設の入居者の居室のみ訪問するというパターンもあります。「訪問介護で働きたいけど移動負担が気になる」という方は、訪問先が施設のみという事業所はないか、訪問エリアが近場かどうかなど訪問負担を考えた事業所選びをしてみると良いかもしれません。


職場内の人間関係の悩みが少ない

介護職として働く人が抱えやすい悩みとして、職場の人間関係が挙げられます。幅広い年代が働いており、価値観の相違などで衝突しやすかったり、看護師やリハビリ職など多職種が多い現場では、ケアの方針の違いなどで衝突することが多いようです。


訪問介護の場合は、事業所内に同僚はいるものの、基本的に訪問で事業所を空けていることが多く、事業所内で顔を合わせるのは出勤と退勤前ぐらいしかないです。したがって必要以上に職場の人と接する機会が少ないため、価値観の衝突などは起こりにくいと言えるでしょう。

頭を抱える女性

介護士が抱える人間関係の悩みとは?|原因や解決方法を詳しく解説

皆さんは介護の仕事をしている中で人間関係に悩みを抱えた経験はありますか?仕事をしていくうえで、

詳細を見る

6.訪問介護事業所で働きたいならまずは求人をチェック

いかがでしたか?訪問介護は、利用者の自宅を訪問しそれぞれにあった介護サービスの提供が必要になります。介護職として様々な利用者の介護を経験して、自分の理想とする介護サービスの提供を実現したいと考えている方には、ピッタリの職場だと思います。また、ライフスタイルに合わせた勤務がしやすいところも魅力的なポイントの一つですよね。


訪問介護で働いてみたいという方も、まだ悩んでいるという方も、まずは求人を見て様々な事業所があるというのを知ってみることから始めてもいいのではないでしょうか。

PAGE TOP