直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128612

豆知識 2820view

介護職のためのストレス対処法!原因やストレスを溜めない働き方とは

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:福田 将也

働くうえで感じたくない「ストレス」。介護職の皆さんはどのようなことが原因でストレスを抱えているのでしょうか。今回は介護職が抱えているストレスの原因やその対処法・解消法について紹介していきます。

目次



1.介護職のストレス原因5選

介護職でストレスを感じていても、「もしかしてこの悩みは私だけ?」「誰も分かってくれないのかな」と心細くなることもありますよね。悩みを打ち明ける人がいない場合、なおさらです。しかし、もしかするとあなたと同じ悩みを抱えている介護職はたくさんいるかもしれません。特にストレスの原因として多いものを以下にまとめました。


人間関係

介護職は、少人数のチーム制で業務を行うことが多いです。人数が少なければそれだけ閉鎖的になりやすく、アットホームな面もある一方で職員同士のトラブルも起こりやすいといった特徴があります。10代~60代など幅広い年代が同じチームで仕事をするため、世代間で価値観の違いが起こりやすく、コミュニケーションがストレスの原因になる方も多いです。


身体的負担

夜勤を含む不規則な勤務や、要介護度の高い方の身体介護などを日常的に繰り返していると、多くの人が身体的な負担の大きさを実感する時がきます。慢性的な腰痛や肩こりを抱え、いつまで経っても治らないことにストレスを溜めてしまうことも少なくありません。


人手不足

介護業界は常に人手不足と言われています。施設が運営するのに必要な法定人数をギリギリ確保できていても、職員1人当たりの業務負担はとても大きいものです。そのため、有給はもちろん、やむを得ない時の休みを取ることすら言い出しにくい雰囲気の職場もあります。1人が抱える業務内容が多いと、時間内に仕事が終わらず、残業続きになることも。


利用者さんやその家族との関係

利用者本人やその家族との関係がストレスになることもあります。介護職は利用者さんの生活を支える仕事であるからこそ、利用者さんやその家族と良い人間関係を築くことが基本です。感謝の言葉を励みに頑張る介護職も多いですが、認知症のある方などにはときに乱暴な言葉を浴びせられることもあり、ストレスになってしまうことも。


給料が低い

少しずつ処遇改善のための施策は行われているものの、まだまだ努力や働きぶりが給与額に反映されていないと感じる介護職が多いのも事実。「もう少し給与が出れば…」と不満に感じながら働いている人も多いです。


2.あなたは大丈夫?「燃え尽き症候群」に注意!

だらけている看護師

介護職のような心理的なストレスを抱えやすい職種は、「燃え尽き症候群(バーンアウト)」になりやすいと言われています。不調を感じた時、それをすべて単なるストレスのせいと決めつけるのは危険です。


「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは何か?

燃え尽き症候群とは、意欲を持って頑張って仕事をしていた人が、突然やる気をなくし無気力になってしまう症状のことを言います。一種のうつ病とも考えられており、場合によっては治療や休養が必要になる症状が現れることもあります。


仕事に対して熱心で、真面目な性格である人が燃え尽き症候群になりやすいと言われています。特に、介護職のように、誰かのために尽くしたり、誰かの気持ちを常に配慮するような対人援助の現場では、過剰な気配りや自己抑制をしがちで、これがストレスとして積み重なり発症しやすいようです。


燃え尽き症候群の代表的な症状

肉体的症状

・吐き気

・不眠

・食欲低下

・息切れ

・胃腸の不具合

・高血圧

・飲酒量の増加


精神的な症状

・仕事に対する意欲の低下

・無関心

・自信の喪失

・強い疲弊感

・怒りっぽい

・プライベートでも常に仕事のことで頭がいっぱいになる


以上のように、燃え尽き症候群になると、体の不調や言葉・態度の変化として症状が現れます。これらの症状は、気になってもまだ我慢できると判断される程度のこともあり、我慢して頑張っているうちに深刻度が増していくこともあるため注意が必要です。


燃え尽き症候群の予防策

燃え尽き症候群を予防するためには、心の余裕をなくさないようにすることが重要です。例えば、十分に休める日を確保する、仕事の限界を決めて任せられるところは任せるなど、仕事から離れる時間を意識的に作りプライベートとのバランスをとるようにしましょう。


仕事をする日には、「今日、自分が行うべき仕事は何なのか、どこまでなのか」を明確にして、終了点を決め、それ以上はやらないことも有効。仕事で悩んだ時や助けが必要な時は、積極的に誰かに相談し、1人で抱え込まないようにするのも、心の負担を軽くするコツです。


3.ストレスのおすすめ対処法・解消法

森の中を歩く女性

介護職が日頃抱えがちなストレスは、どのような発散方法があるのか知っておくと役に立ちます。これらは介護職に限った話ではなく、プライベートでも十分に活用できる方法です。


それぞれの価値観を受け入れる

コミュニケーションのとりづらい職員や利用者・家族に対して、その都度ストレスを感じているとキリがありません。自分と違う価値観をすべて共感しようと思えば疲れます。「こういう考え方があるんだな」と違いを理解してみようと試みると、自分自身が冷静になり、ストレスに感じにくくなります。


人に悩みを打ち明ける

1人で悩みを抱えるより、誰かに打ち明けると気分が楽になります。内容によっては同僚に話しづらいこともあるでしょう。そんなときは、家族や友人に愚痴をこぼすのもひとつの手です。悩みを打ち明けることで、悩み自体が誰かの力によって解決することもありますし、すぐに解決しなくてもスッキリとした気分になります。


生活習慣を整える

介護職は不規則勤務などによって生活のリズムが整いにくいです。できるだけ睡眠時間は確保し、体をしっかりと休めるよう整えましょう。また、食べるものにも配慮し、偏った食生活で体調を崩さないように注意することも大事です。


身体を動かす

運動は、心と体の両方に良い効果をもたらします。特別にハードな運動をする必要はなく、ウォーキング等の有酸素運動でもOKです。体を動かせば血行が良くなり、全身の緊張がほぐれ、心身のリラックスに効果的です。


趣味に打ち込む

楽しみとなる趣味があれば、仕事のことで頭がいっぱいにならず、休日や仕事終わりのプライベートの時間がリフレッシュの時間に変わります。「仕事が終わったらあの映画を見ながら美味しいものを食べよう」など、仕事が終わった後にやりたいことを見つけましょう。


4.対処できそうにないストレスには転職も1つの選択肢

ガッツポーズする看護師

ストレス解消法を試みても、ストレスの原因によっては改善が見込めないこともあるかもしれません。あなた自身の体と心を守り、本来は大好きなはずの介護職という仕事を続けるためには、転職も1つの有効な選択肢です。転職を機に自分に合った職場を見つけ、心機一転切り替えることも検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、ストレスの原因別におすすめの転職先をご紹介します。


人間関係に悩んでいるなら

職場の人間関係に悩んでいる方におすすめなのが、「訪問介護」です。訪問介護は、自宅で生活している要介護者や要支援者に対し、家事の支援や身体介護を行う仕事です。基本的には1人で訪問することとなるため、同僚に気を遣う場面がとても少なくなります。もちろん、同じ事業所内で連携を図ることは必要ですが、勤務中の多くの時間は1人で仕事するため気分は楽かもしれません。



身体的負担に悩んでいるなら

利用者さんを抱えるなど、自分自身の体の負担が悩みの場合、デイサービスやデイケアのような通所系のサービスがおすすめです。基本的に、入所系の施設よりも通所系の施設の方が利用者の要介護度は低め。そのぶん、身体的な介護の必要度は少なくなります。また、日勤のみの勤務で働けるので体調も整えやすいです。



給料に悩んでいるなら

給料に不満がある方は、特別養護老人ホームがおすすめです。夜勤に入ることができれば、そのぶん夜勤手当で給与を多くもらうことができます。また、特養の場合は住宅手当や扶養手当など充実している施設が多く、基本給と合わせると高い給与になるケースも多いです。基本給だけにとらわれず、手当が充実しているかどうかチェックしてみましょう。



5.介護職はやりがいのある仕事!ストレスを溜め込まないよう工夫しよう

介護職は肉体的にも精神的にもストレスがたまる仕事です。しかし、対人援助ならではの、喜びや感動もたくさんあり、やりがいを感じやすい仕事でもあります。もし、今の職場でストレスを感じた時には、無理は禁物です。ストレスの原因を考え、対処し解消していくことが大事です。


それでも改善しない場合は、職場を離れることも選択肢の1つ。せっかく選んだ介護職、これまでのスキルや経験を無駄にしないために、よく考えて自分の将来を検討していきましょう。自分に合った職場を探したい方は、まずは以下のバナーから求人を探してみましょう。

PAGE TOP