直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数128309

豆知識 115view

介護士を検討中の方必見!介護士として働くメリットとキャリアアップ例をご紹介

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:村松 宏聖

介護業界で働くと聞くと、「大変そう」「給料が低そう」など、マイナスなイメージが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?昨今の日本では、人手不足とよく耳にする介護業界ですが、もちろん働くうえでのメリットも多数存在します。
本記事は介護士として働くことのメリットとデメリットを紹介し、皆さんが就職を検討する際の材料となる記事です。

目次



介護士の業務内容とは?

介護士は高齢者の方の身の回りのお世話など、日常生活における動作などのサポートを行います。業務内容としては、「身体介護」「生活援助」などがあり、身体介護では高齢者の食事や入浴、排泄など身の回りのサポートを行います。生活援助は、掃除、洗濯、調理など一般的な家事などができない利用者や家族の代わりに行うサービスのことです。


介護士の主な勤務先は、有料老人ホーム、特養、デイサービスなどがあります。介護施設で業務を行うには、資格がないとできないと思われる方もいらっしゃいますが、生活援助であれば無資格・未経験から働くことができる施設も多いです。


介護士として働くメリット

「給料が低そう」「大変そう」など、マイナスなイメージを持たれがちな介護業界。ここでは、介護士として働くことでどのようなメリットがあるかを紹介します。メリットを知り、介護士の仕事に魅力を感じた方は、介護士の仕事に向いているかもしれません。


未経験・無資格から始められる

専門職に就く場合、学校に通って国家資格を取得してから就職したり、ある程度の年齢制限を設けていたりするケースも多いのではないでしょうか。


介護士のメリットは、年齢や性別、経験などにかかわらず仕事を始められることです。実際に求人票を見てもらうとわかるように、未経験や無資格でも歓迎して募集を行っている事業所も多いです。


資格や経験がない方でも、入社後に経験を積みながら資格を取得することもできるので、仕事の幅が広がり給料アップも見込めます。「介護士になりたい」と思ったその日から始められるのはメリットでしょう。


高齢者の手を取る女性介護士

無資格からはじめる介護職|仕事内容や将来のキャリアパスを解説!

介護職は無資格や未経験でも採用され働くことができる職種です。実際に介護の仕事を始めてみたいと思っているのに、

詳細を見る

働き方を柔軟に選ぶことができる

介護業界では、シフト制を採用している職場が多く、日勤だけでなく早番や遅番、夜勤などの勤務時間帯があります。「朝早くから働いて夕方までには帰りたい」「朝はゆっくりしたいから遅くに出勤したい」など、柔軟に対応してくれる施設も多いです。


夜勤はできないという方でも、デイサービスのような宿泊サービスがない施設には夜勤がないため、そのような施設で働くこともできます。また、平日休を希望できる、夜勤専従で高い時給で働くなどライフスタイルに合わせた働き方が可能なのも魅力といえます。


求人が多い

介護士として働こうと思っている方にとって、求人数が多いことはメリットです。厚生労働省が発表している資料によると、介護業界の2022年4月時点の有効求人倍率は3.30で、全職種平均1.06と比較しても高いことがわかります。これは、求職者一人に対して3件以上の介護の求人募集があるということです。


2025年問題、2040年問題などが話題となるように高齢化が進んでおり、介護職員の需要がますます高まっています。求人サイトを見てみると、さまざまな施設で募集を行っているため、エリアや給料、福利厚生、施設の特徴など多くの選択肢の中から比較して探すことができます。選択肢が多いことで、自分の理想の働き方に近づけることも可能です。



キャリアアップがしやすい

介護職の資格はさまざまあり、「介護職員初任者研修」「介護福祉士実務者研修」「介護福祉士」「認定介護福祉士」「ケアマネジャー(介護支援専門員)」などがあります。上記の資格を取得することで、できる業務の幅が広がり、介護福祉士などの上位の資格を持っていると役職に就くチャンスもあります。


職場によっては、資格取得を支援する制度を設けている場合もあるので、その制度を活用すれば金銭的、時間的な負担も少なく資格を取ることが可能です。資格を取得すると、資格手当が支給されて給料アップにもなるので、無資格から介護士に挑戦する方は積極的に活用するといいでしょう。


また、上位の資格を取得することを目標にすれば、キャリアアップにつながり、高齢者介護に関する知識やスキルを身に付けることができます。キャリアアップがしやすい業界というのは大きなメリットです。


感謝される

介護士は、利用者やご家族から感謝されることが多い仕事です。人との関わりが多い仕事のため、直接感謝の言葉をもらうことができるのはやりがいにつながります。


高齢化は日本全体の社会課題でもあるため、働く意義を感じやすくモチベーションにもなります。人の役に立つことをして、直接感謝される仕事に就きたいと思う方には魅力といえるでしょう。


介護士として働くデメリット

介護士として働くメリットは数多くありますが、一方で介護士にデメリットを感じる方もいらっしゃるでしょう。マイナスに感じられる側面についても理解した上でメリットと比較し、自身に介護士の働き方が合っているか検討してみてください。


体の負担が大きい

介護士として働くデメリットは、体の負担が大きいことです。入浴介助や移乗介助などで利用者の体を支える場面が多く、腰痛になる方も多いです。ストレッチや腰痛ベルトなどをして、予防や治療に努めることが大事になります。


また、介護士の負担を軽減する目的として、介護ロボットやICTの導入を進めている介護施設もあるので、そういった施設に就職・転職するのもおすすめです。


夜勤や土日勤務がある

多くの施設では夜勤や土日勤務があり、仕事とプライベートの両立を難しく感じる方もいらっしゃるでしょう。求人を見るコツとしては、シフト形態や夜勤の頻度を確認し、長期的に働ける職場かどうかを判断することです。


子育てや家族の介護などが必要な場合は、デイサービスや訪問介護といった夜勤がない事業所を選ぶことも選択肢の中の一つでしょう。また、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどでも、シフトの調整を柔軟に対応してくれる施設もあるので、面接時や問い合わせて確認することをおすすめします。


介護士のキャリアアップ例

まずは、下記の資格別の平均月収と平均年収を見ていきましょう。


資格別平均月収
ケアマネジャー 368,030円
介護福祉士 329,250円
実務者研修303,230円
初任者研修 301,210円
保有資格なし 275,920円

資格別平均年収
ケアマネジャー 4,416,360円
介護福祉士 3,951,000円
実務者研修3,638,760円
初任者研修 3,614,520円
保有資格なし 3,311,040円

出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」(P.166)


上記の資格別の給料を見てもわかるように、資格を取得してキャリアアップを目指せば給料アップも十分可能です。次では、上記の資格の具体的な内容を詳しく解説します。


介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護士の入門とされる資格です。無資格・未経験で介護を始める方は、最初に取得することをおすすめします。取得には130時間の研修が必要ですが、介護の基礎的な知識や技術を学ぶことができるからです。


また、「初任者研修終了」を応募要件としている事業所もあるため、資格を取得することで転職時に有利になります。


さらに、無資格と給料を比較した場合、約30万円の年収アップが見込めるのも大きな特徴です。受講要件がなく、誰でも取得することができるので、まずは介護職員初任者研修の取得を目指してみてはいかがでしょうか。


2人の女性介護士

介護職員初任者研修とは?|6つのメリットや取得方法を詳しく解説

「初任者研修」というワードはみなさん一度は耳にしたことがあると思います。「介護職員初任者研修」は、介護士として

詳細を見る

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修を取得した方は、「介護福祉士実務者研修」を取得することで、次に解説する「介護福祉士」の受験資格を満たせるようになります。高度な技術を学ぶため、取得には450時間の研修が必要です。ただし、介護職員初任者研修を取得した者は130時間分が免除されます。


介護福祉士実務者研修を持っていると、訪問介護事業所のサービス提供責任者になることが可能です。給料面で見ると、無資格と比較して約30万円の年収アップが見込めます。


ノートとペンの画像

実務者研修とはどんな資格?取得のメリットや方法を詳しく解説

「実務者研修」とは、どんな資格なのでしょうか?「実務者研修」は、国家資格である「介護福祉士」を目指すうえでも必須

詳細を見る

介護福祉士

介護福祉士は、介護職で唯一の国家資格です。取得方法は、実務経験と研修から取得する方法と養成施設から取得する方法の2種類があります。実務経験から取得する場合は、3年以上の実務経験と実務者研修の取得が必須です。


介護福祉士を持っておくと、現場業務だけでなくマネジメントなどの業務に携わることもできます。実務者研修修了者と比較すると約30万円、無資格では約60万円の年収アップが見込めます。


OKポーズを取る介護士

【介護福祉士の基礎知識】資格取得方法やメリット、おすすめの職場とは?

介護福祉分野唯一の国家資格である「介護福祉士」。介護需要が高まっている現在、介護のスペシャリストとして現場のニー

詳細を見る

認定介護福祉士

認定介護福祉士は、介護福祉士としての実務経験5年と600時間の研修受講が必須の難関資格です。


介護福祉士の上位資格でもあるので、業務内容はリーダー教育やサービス管理など幅が広がります。難関資格でもあり、有資格者人数が少ないためデータはありませんが、給与面でも優遇される可能性が高い資格です。


笑顔の女性介護士

認定介護福祉士とはどんな資格?介護福祉士との違いや取得方法を解説!

介護福祉士の上位資格とされている認定介護福祉士。まだ新しい資格なので、資格は耳にしたことがあっても、どんな資格な

詳細を見る

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは介護を必要とする方が、適切な介護サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成や介護事業者との調整が業務になります。


ケアマネジャーの資格を取得するには、介護福祉士や生活相談員など特定職種での実務経験が5年以上必要です。年1回の試験に合格し、研修を受講することで資格を取得できます。介護福祉士と比較しても、約45万円の年収アップが見込める資格です。


介護士に向いている人の特徴

「介護士の仕事が自分に向いているか不安に感じる」と思う方もいらっしゃるでしょう。ここでは、介護士に向いている人の特徴を解説します。自身の考えと照らし合わせて、介護士が向いているかを判断する材料にしてください。


無資格で新しい業界に挑戦したい人

無資格で新しい業界に挑戦したい人には介護士が向いています。一般的な転職では、経験のない業界への転職はハードルが高い傾向にあります。特に専門職のような業界は、資格や経験が必須なケースも多いです。


しかし、介護業界においては門戸が開かれており、無資格・未経験でも参入しやすい業界です。そのため、新しい業界にチャレンジしたい人にはおすすめできます。


明確なキャリアアップを見込める業界で働きたい人

業界によっては、「年功序列でのキャリアアップで望みがない」「将来的にキャリアアップしても給料が上がらない」などで頭を抱えている方もいらっしゃるでしょう。


介護業界は、年功序列でのキャリアアップではなく、保有資格に合わせて業務の幅が広がり給与もアップしていくため、明確な目標を持って仕事に臨むことができます。明確な目標を持って、それに向かって頑張りたいと思う方にはおすすめの業界です。


人に感謝されることでやりがいを感じる人

介護士は、介護を必要とする高齢者のサポートを直接行うことができ、利用者やそのご家族などとコミュニケーションをとる機会があります。


多くの方と関わる中で、自分の仕事に対して直接感謝されることが多い仕事です。人の役に立ち、直接感謝されることにやりがいを感じる方は、介護士の仕事が向いているといえるでしょう。


社会課題の解決に貢献したい人

日本は世界有数の少子高齢化国家で、介護人材の不足は深刻な社会課題にもなっています。一人でも介護士が増えることは、社会課題の解決に貢献しているともいえます。


日本の高齢者を支えるために介護士は、社会に対して有意義な仕事であるため、自分の仕事に意義を感じたい方におすすめです。


介護士のメリットをおさえたうえで就職を検討しよう

介護業界は、「大変」「給料が低い」など、マイナスなイメージがある業界ですが、明確なキャリアアップや求人数の多さなどメリットは多数あります。


無資格・未経験からでも始められるので、これから介護士を目指す方には大きな魅力です。人の役に立ち、直接感謝される仕事にやりがいを感じる方も多いです。介護士の転職に迷っている場合は、まずは実際の求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。



セカンドラボ株式会社

URL:https://www.2ndlabo.co.jp

2021年8月よりセカンドラボ株式会社に入社。主にクリニックを中心に医療介護向け求人メディア「コメディカルドットコム」の営業・採用課題のサポートを行う。

PAGE TOP