直接応募で自由な転職活動を コメディカルドットコム

現在の求人掲載数135824

書類対策 15423view

履歴書の書き方を学びましょう

  • 投稿日
  • 更新日
投稿者:加藤 直也

履歴書は書類選考として応募後に求められる場合もございますし、面接時に持参する場合もございます。基本的に手書きの履歴書を求められると思いますので記入をする際は極力丁寧にしましょう。「字は体を表す」という言葉があるように面接がどんなに良くてもそれだけで不採用になってしまう可能性もございます。

目次


1.履歴書は丁寧に記載しましょう!

履歴書は内容はもちろんですが、どんな字を書くのかを最も重視されるケースが多いのをご存知でしょうか。
「字は体を表す」という言葉もあるくらいですので、しっかりと丁寧に記載をするようにしましょう。


履歴書の書き方

1.提出年月日

履歴書の上の部分には日付を記入する欄があります。郵送の場合はポストに投函した日付を、持参する場合はその当日の日付を記入します。年号は西暦では無く元号を使用するのが一般的です。


2.写真

履歴書で最初に目を引く部分が写真です。一般的に縦4cm×横3cm、3ヶ月以内に撮影したものを使用します。自分の第一印象を左右しますので、清潔感のあるシャキっとした写真を使いましょう。後で写真がはがれてしまわないように、しっかりとのり付けすることが大切ですが、はがれたときのために写真の裏に氏名を記入しておくと良いでしょう。


3.氏名・押印

履歴書を書き損じてしまうのはよくある事ですよね。中でも名前が曲がってしまったり、印鑑がかすれてしまったりというパターンが非常に多いので、履歴書を書くときは最初に名前と押印から始めるのをオススメします。


4.現住所

現住所の記入は省略せずに都道府県から書くのがマナーです。建物の名称や部屋番号まで省略することなく正式な住所を記入しましょう。


5.学歴

義務教育である小・中学校の学歴については卒業年次だけ記入すればOKで、小学校については省略も可能です。また、国公立なのか私立なのかも明記する必要があります。高等学校以上の学歴に関しては、入学年次と卒業年次の両方を記入します。その際には学部・学科・専攻名まで正式名称を記入しましょう。


6.職歴

原則的に職歴欄には全ての入職・退職履歴を記入しますが、学生時代のアルバイトなどは記入しないのが一般的です。入職・退職以外にも異動・昇格・出向などの経歴も記載しましょう。在職中の場合は、入社歴などを書いた後、改行して「現在に至る」もしくは「在職中」と書きます。


7.免許・資格

現在持っている免許・資格を取得年次順に記入します。資格名は省略せずに正式名称で記入しましょう。


8.志望動機

この欄に記入した内容が、実際に面接時の話題になる可能性は非常に高いです。応募先に対する熱意や、仕事への意気込みを感じさせるような動機を記入しましょう。


9.本人希望記入欄

履歴書には大体この記入欄が設けられています。どうしても伝えておきたい配属の希望などはOKですが、給料や残業などについての希望をそのまま書くのは得策ではありません。最近ではやる気をアピールする為の自己PR欄として使われる事も多いです。


字は体を表すとは

その他にも「名は体を表す」「書は人なり」とも言われます。
簡単に言ってしまえば手書きの字は書いた人本人を表現するという意味で、綺麗な字を書く人は良い人だという印象を持たれやすいということです。


合わせて読みたい

関連ページ 職務経歴書の書き方

関連ページ 自己PRを考えよう


2.履歴書に関するマナー

履歴書は書くときや提出するときなどマナーがあります。あとで後悔しないようマナーについても確認しておきましょう。


書く時のマナー

・手書きは黒の油性ボールペンか万年筆

・消せるボールペンは使わない

・修正ペンや修正テープは使用せず書き間違えた際は書き直す

・どうしても修正したい場合は二重線と訂正印で修正する


正式な書類を書くときは黒の油性ボールペンか万年筆が適切とされています。水性のボールペンが絶対にNGというわけではありませんが、水に弱くにじんでしまうことが考えられるので、なるべく避けましょう。また、消せるボールペンなどは後から誰でも改ざんできてしまうため、正式な書類とみなされません。


郵送や持参時のマナー

履歴書等を郵送する場合は、送付状をつけ、クリアファイルで保護したうえで封筒に入れ郵送しましょう。郵送中に履歴書などが折れてしまうことも考えられるので、クリアファイルに挟む方が良いです。


持参する場合も、クリアファイルで保護したうえで封筒に入れ持参しましょう。渡す際にも注意が必要で、受付で渡す場合は封筒ごと渡し、面接時に直接面接官に手渡しする場合は封筒から出してクリアファイルのまま渡すのが良いでしょう。


3.印象を悪くしてしまう履歴書

履歴書はたかが書類かもしれませんが、その1枚の書類が選考の際の印象を左右しています。印象を悪くしてしまう履歴書の例を紹介します。


誤字・脱字が多い

履歴書で誤字・脱字があると、「確認を怠る人」「重要な時に失敗をしてしまう人」といったレッテルを貼られかねません。誤字脱字がないようによくチェックし、完璧な履歴書を提出するよう心がけましょう。


強みがわかりにくい自己PR

自己PRは自分を知ってもらうためのアピールをする場です。せっかくのアピール機会をふいにしてしまうことがないよう、分かりやすい強みを掲げることを意識しましょう。強みは実際に自分が経験したエピソードを交えることで説得力が増します。


ネガティブな転職理由

転職理由は採用側が重視しているポイントです。ネガティブな理由が記載されていると、「入社してもまた同じ理由で辞めてしまうかも」と思われかねません。ネガティブな転職理由は裏を返せばポジティブになるので、ポジティブに言い換えられないか検討し、ポジティブな内容を記載するよう心がけましょう。


本人希望記入欄の記載が多い

本人希望記入欄の内容があまりに多いと、条件多待遇だけでその職場を志望しているようにとらえられかねません。譲れない条件があるようであれば記載しておくに越したことはないですが、特にないようであれば「貴社規定に従います」と書くのが良いでしょう。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか。履歴書1枚であなたの印象が大きく変わることが分かったかと思います。丁寧に書くことはもちろんですが、あなたらしさをアピールし、採用担当者の目を引くような履歴書作成を意識しましょう。


セカンドラボ株式会社

URL:https://www.wantedly.com/id/naoya_katou_m

2017年にセカンドラボ株式会社に入社。介護施設を担当する部門に配属され営業に従事。その後チームリーダーに就任。現在は事業部の統括的な立場でメンバーのマネジメントに関わる業務を主に担う。その他広報やコンテンツマーケティング等の業務も担当。

PAGE TOP